ヤクルトで善玉菌って本当に増えるの?

[最終更新日]2016.10.19

大人から子供まで「知らない人はいない」と言ってもいい程、よく知られた乳酸菌飲料の「ヤクルト」。そのヤクルトには300種類を超える乳酸菌の中の「乳酸菌 シロタ株(L.カゼイ YIT 9029)」が含まれています。そのまま「ヤクルト菌」とも呼ばれていますね。

乳酸菌シロタ株って?

乳酸菌シロタ株って?

乳酸菌シロタ株は、ヤクルトの創設者である代田稔さんが培養に成功した乳酸菌です。酸性の強い培地での培養を繰り返すことで得られた、エリート乳酸菌なのですね。シロタ株は、さすがに勝ち抜いた乳酸菌だけあって、胃液や胆汁にも負けず、生きたまま腸まで届くプロバイオティクス効果があります。

シロタ株は、便通を整えるほかにも、免疫機能の先頭に立つ「NK(ナチュラルキラー)細胞」を活性化することで、免疫力をアップしてくれるそうです。
また、腸内の有害物質の働きを抑えることから、ガンなどの大病を予防する効果があるといわれています。他にも、花粉症の予防や美肌効果まであるそうですから、「スーパー乳酸菌」と呼んでもいいくらいですよね。

乳酸菌シロタ株の詳しい効果、効能は下記ページでも紹介していますので、一緒にご覧ください。
乳酸菌シロタ株の効果・効能

乳酸菌シロタ株が入った、「ヤクルト」

ヤクルトとにはいろいろな種類があるのをご存知ですか?また、スーパーやコンビニなどでヤクルトによく似た商品を見かけた事はありませんか?それでは、ヤクルト商品の簡単なご紹介と、ヤクルトによく似た商品との違いについてお話します。

ヤクルトの種類

NEWヤクルト

特定保健用食品認定(トクホ)、1本にシロタ株200億入り


NEWヤクルト カロリーハーフ

NEWヤクルトと比べ50%カロリーオフ、1本にシロタ株200億入り


ヤクルトゴールド

1本にシロタ株200億入り、ローヤルゼリー、グルコサミン入り


ヤクルト400

トクホ認定、1本にシロタ株400億入り


ヤクルト400LT

トクホ認定、1本にシロタ株400億入り、ヤクルト400と比べ30%カロリーオフ


ヤクルトAce

トクホ認定、1本にシロタ株300億入り、甘味料(スクラロース)仕様で甘さ控えめ


この他に、ジョアのシリーズやヨーグルトの「ジョア」シリーズ、ヨーグルト「ソフール」シリーズにもシロタ株が使われています。

ヤクルトと類似品の違い

ヤクルトもヤクルトに似た各商品も、いずれも乳酸菌飲料と明記された物がほとんどです。乳酸菌飲料と明記されている製品ならば、体に良い飲み物で、便通改善などの効果を期待できます。また、製品によって使われている乳酸菌も生菌タイプ(ヤクルト)や殺菌タイプを使ったものと様々です。
それではヤクルトと他の商品との違いはどんな点でしょうか。

 

ヤクルト

  • 使用している乳酸菌を商品に明記している
  • 「L・カゼイ菌シロタ株」を摂取できる
  • 1本中に200億個以上の乳酸菌シロタ株が入っている
  • トクホ認定

 

他の商品

  • L・カゼイ菌と表記があっても、シロタ株を使ってはいない
  • トクホ認定を受けている物、いない物がある
  • 乳酸菌を含むと表記していても、何菌が入っているかは表記していない物がある
  • 摂取できる乳酸菌数を明記している商品もあれば、ふれていない製品もある

 

確かに、乳酸菌飲料と謳っていても、どんな乳酸菌が入っているのか分からないのはちょっと不安ですね。やはり、ヤクルトは自信を持っているからこそ、乳酸菌名も乳酸菌数も明記できるのですね。また、L・カゼイ菌を使っていても、シロタ株でない製品もあります。購入の際はしっかりと確かめる必要がありますね。

ヤクルトはどこでも買える?

NEWヤクルトなどはスーパーで買えますが、ヤクルト400は買えません。ヤクルト製品のほとんどはヤクルト直営販売所かヤクルトレディから買うことになります。

これは品質保持が大きな理由です。
乳酸菌は保管温度が大切ですが、ヤクルトは生菌を使っていて、生菌は常温では菌が死んでしまいます。ヤクルト400には菌数が400億から入っていても、保管温度の変化で菌が死んでしまっては台無しです。そこで保管温度を一定に保って、家まで届けてくれるヤクルトレディから直接購入するのが安心なのですね。

ヤクルトを毎日飲み続ける、デメリットはないの?

ヤクルトは毎日飲むから健康を維持でき、便通が整う、胃腸が丈夫になる、アトピーや花粉症の症状が軽減する、などのメリットがあります。ですが、デメリットは全くないのでしょうか。

  • 飲むと下痢をする
  • 飲んだ後、口の中がすっきりしない
  • 1本に角砂糖2個分の砂糖が入っている
  • 甘さが強くカロリーが気になる(ヤクルト400 1本=62kcal)
  • 持ち運びに不便(携帯に便利でない、好きな時に飲めない、出張時には飲めない)
  • 毎日飲むので、出費が気になる(ヤクルト400=70円、1月=2170円)

ヤクルトで下痢をする、やはり乳酸菌飲料なので、自分のお腹に合わない場合もあります。自分のお腹との相性はどんな乳製品選びにもついて回りますね。これ以外の上記のデメリットは、ヤクルトを飲む目的自体のデメリットとは少し異なるようです。

1本中の砂糖の量やカロリーは、一日の食事やおやつと簡単に調整が効きます。
出張でヤクルトを携帯できないのは、確かに痛いポイントですね。でも、1~2日ならヤクルトを飲めなくても、食事に注意すれば腸内環境は激変しないでしょう。

ヤクルトの健康にもたらすメリットを考えると、これらのことはデメリット入らないかもしれませんね。

ヤクルトで善玉菌は増やせるの?

「スーパー乳酸菌」と呼べるシロタ株の入ったヤクルトですが、ヤクルトを飲むことで腸内の善玉菌は増えるのでしょうか?

ヤクルト:どうして「毎日1本」なの?

乳酸菌シロタ株は、胃液で死滅せずに腸まで届きますが、残念ながらすべて定着して、そこで増殖してくれるわけではありません。便と一緒に排出されてしまうのですね。
ですから、「毎日1本」を習慣にして継続して摂取することが大切なのです。

ヤクルト:飲み方のコツ!

摂取するにもコツがあって、胃酸が中和されている食後30分以内に飲むことで、より効果が期待できるのだそうです。

乳酸菌シロタ株:臨床実験

腸内に定着できず便と一緒に排出されてしまうとはいっても、乳酸菌シロタ株は腸内を通過しながら乳糖を分解し乳酸を生み出すことで、腸内の環境を整え便秘の予防や解消に役立っています。

それを証明する臨床試験として、シロタ株を4週間にわたって1日に100億個摂取してもらったところ、摂取していない時期と比べて、善玉菌であるビフィズス菌の量が3倍にも増えたという結果が出たそうです。

つまり、シロタ株は高い整腸効果が期待できるうえに、この乳酸菌シロタ株を摂ること自体が腸内の善玉菌が住みやすい環境を作り、善玉菌の増加へとつながるというわけなんですね。

ヤクルトで善玉菌って本当に増えるの?まとめ

不規則な生活や食生活を改善し、オリゴ糖を一緒に摂るなど善玉菌を増やす環境を整えて、ヤクルトのパワーを存分に発揮してもらえるようにしたいものですね。また、ヤクルトとお腹の相性が心配、でも便通改善をしたい方は、サプリメントもお忘れなく!便通を改善する目的だけなら、シロタ株以外でも効果的に改善することが可能ですよ。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら