善玉菌を増やすために大好きなチーズを食べまくるのってOK?

[最終更新日]2015.04.10

善玉菌が体にいいことは、多くの人が知っていることですね。
そのために便秘などで悩んでいる人は、できるだけ乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食材をとるように気をつけているかもしれません。乳酸菌が含まれている代表的な食べ物の中にチーズがあります。チーズが大好きだから、乳酸菌はチーズを食べまくって摂取したいと思う人もいるかもしれません。それでも大丈夫なのでしょうか?

チーズだけでは善玉菌は増えない!

チーズには善玉菌を増やす乳酸菌が含まれています。
しかしチーズの乳酸菌は動物性乳酸菌なのです。動物性乳酸菌も体にとってはいい細菌なのですが、生きて腸まで届くことができません。そのために腸内で善玉菌を直接増やすことができないのです。(実際には胃酸で死菌となり、その死菌が善玉菌のエサとなります。)

植物性乳酸菌であれば、生きて腸まで届くことができ、腸内の善玉菌を増やすことに貢献することができます。しかし乳製品からできているチーズは動物性のために、善玉菌の増加には直接効果を発揮することができないのです。

乳酸菌やビフィズス菌だけの摂取は非効率?

腸内環境を整えるために乳酸菌などを含んだ食品を摂取しようと考えている方も多いでしょう。しかしそれではちょっと非効率的。どうせなら善玉菌のエサとなる食品も一緒に摂取しましょう。

善玉菌は生き物です。そのために生きるためのエサが必要となるのです。エサとなってくれるのが、オリゴ糖や食物繊維です。チーズを食べまくることで善玉菌を増やそうとしても、善玉菌のエサになるものがなく、結局は腸内で善玉菌が増えることはないのです。

善玉菌を有効に増やすためには、発酵食品で野菜を一緒に食べられるキムチや納豆、漬物が有効的です。さらにヨーグルトにオリゴ糖・はちみつをかけて甘みを加え、バナナで食物繊維をも一緒に摂取することなどがおすすめです。

どうしてもチーズが好きならば

どうしてもチーズが好きでチーズメインで乳酸菌を摂取したいのであれば、加工したプロセスチーズではなくナチュラルチーズを食べるようにしてください。乳酸菌の働きが高いからです。

またチーズと一緒に、サラダなどの野菜類を食べると野菜に含まれている細菌を一緒に摂取することができます。チーズだけで善玉菌を増やして体の不調を解消しようとすることには、無理があると思います。チーズだけを摂取するのでは食べ物の種類が少なすぎて、栄養のバランスが崩れてしまいます。また脂肪分の取りすぎにもなります。チーズを摂取しながらも、他の食品も一緒に食べるようにしたいものですね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら