悪玉菌対策として有効な物

[最終更新日]2015.05.01

腸内環境というものは、善玉菌と悪玉菌のバランスによって成り立っています。
ビフィズス菌などの善玉菌が悪玉菌に比べて少なくなってしまうと、腸の老化をすすめてしまうのです。悪玉菌を減らすのに有効な食べ物を摂取して、お腹から若々しさを保つようにしましょう。

腸が老いる原因

不規則な生活習慣、肉中心の食生活、 ストレス などのために、キケンな悪玉菌が増えてくるのです。これらの悪玉菌を増やしてしまう原意をキチンと取り除きつつ、悪玉菌解消に有効とされる食べ物を摂取するようにしてください。

まずは生活の変化からスタートさせましょう。

悪玉菌を抑える食べ物

悪玉菌を抑えてくれて善玉菌を取り入れることができる食べ物といえば、発酵食品です。
もともと日本の食生活ではこの発酵食品がたくさん含まれています。たとえば、しょうゆ。みそ、漬物などです。これらを毎日取っていた時の日本人は健康だったとも言われています。つまり発酵食品がカギを握っているといえるのです。

おすすめ善玉菌を増やす食べ物1;ヨーグルト

ヨーグルトは、乳酸菌、ビフィズス菌などの善玉菌がかなり豊富に含まれています。
しかも簡単に取り入れられるのが特徴です。ヨーグルトは買えばいいだけですし、そのまま食べてもおいしいですね。おすすめは、オリゴ糖・バナナと一緒に食べることです。

オリゴ糖は腸の中で善玉菌のエサとなり、善玉菌の成長を支えてくれます。またバナナには食物繊維が豊富で、腸の蠕動活動を刺激してくれ、デトックス効果を期待することができます。腹持ちもいいのでダイエット効果も得られます。

ヨーグルトで善玉菌を増やす方法を下記ページで詳しく解説していますので、一緒にご覧ください。
ヨーグルトで善玉菌を増やすには

おすすめ善玉菌を増やす食べ物2;納豆

日本の代表的な食べ物、納豆。強いにおいから苦手な人も多いと思いますが、実はこの納豆、かなり優秀な食べ物なんです。

その理由は納豆菌という善玉菌にあります。
納豆菌はなんと悪玉菌を死滅させることができ、善玉菌を増やすことができる1つで2つの役をこなすスーパーフードなのです。朝ごはんのお供に気軽に取り入れることができます。

おすすめ善玉菌を増やす食べ物3;味噌汁

こちらも日本の伝統的な食べ物です。
味噌汁には発酵食品である味噌がタップリと含まれています。それに加えて具として付け加える野菜、海藻類には食物繊維が豊富に含まれています。善玉菌と相性の良い食物繊維と一緒に食べることで、効果を倍増させることができます。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら