悪玉菌は少なすぎてもダメ?悪玉菌の意外な働きとは?

[最終更新日]2015.05.01

私達の腸に住み着いている悪玉菌。
皆さんは、どんなイメージを持っていますか?「肌荒れ」「便秘」「オナラ」などなど、その名の通り、悪役イメージが強いですよね。

そんな悪役の悪玉菌が、なぜ、腸の中に住み着いているのでしょうか?悪者だからと、退治してしまっても大丈夫なのでしょうか?

悪玉菌は要らない?

便秘の原因になったり、肌荒れの原因になったり、臭いオナラを作ったりと、あんまり嬉しくないことばかりをする悪さ好きの悪玉菌。

悪さばかりで、何のメリットもない悪玉菌が、もし腸から全くいなくなったら?
便秘は起こらないし、肌もツルツル。オナラも減るし、臭くない。なんか、いいことづくめになりそうですね。でも、現実は甘くないとも言いますし、そんなに上手くいくのかな?と、ちょっと疑問が残りますね。

善玉菌と悪玉菌は2つで1つ

腸の中の善玉菌と悪玉菌の割合は、2:1。
このバランスが崩ずれ、悪玉菌が全くいなくなると、善玉菌が働かなくなってしまいます。善玉菌が働かなくなってしまうと、食べ物の消化・吸収が上手くいかなくなり、健康維持に必要な栄養分が吸収できなくなってしまいます。

こうした善玉菌の「サボリ」を止めるために存在していたのが、そう悪役の悪玉菌だったのです。

悪玉菌は、善玉菌の働かせる役。
悪玉菌がいてこそ、善玉菌が正しく働き、私たちの健康を維持してくれるのです。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸には、悪玉菌が全くいません。善玉菌だけです。母乳を飲んだり、お母さんに抱っこされたりとお母さんと触れ合う中で、悪玉菌をお母さんから貰い、赤ちゃんは、初めて、外部の侵入者を知ることになります。

免疫力の獲得です。

悪玉菌は、この世に生を受けた赤ちゃんが生まれてはじめ知る悪い菌ですが、その一方で、これから成長していく赤ちゃんを病気から守る免疫力の獲得にも一役かっているのです。

「この世に不要なものは一つもない」

悪さばかりで、何のメリットもないと思われた悪玉菌も、私たちの健康維持にはかかせない存在だったのですね。

善玉菌の多すぎは逆にどうなの?という方は下記ページもご覧ください。
善玉菌を増やしすぎることで起こるデメリット。多すぎもNG?

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら