悪玉菌にはパンラクミンがオススメ?効果と副作用から見る魅力

[最終更新日]2017.11.08

皆さんは、『パンラクミン』という整腸薬のことをご存知でしょうか。

この商品は、医薬部外品で整腸剤という分類にあり、ドラッグストアで気軽に購入できることがポイントです。

毎日便秘でスッキリしない方や軟便が続く方、消化不良を解消したい方など、皆さんが抱える多くの悩みを解決してくれる整腸剤として安定した評価を獲得していますが、実際にどんな効果があるかわからない方も多いハズ。

そこで今回は、腸の中に存在する悪玉菌をパンラクミンで減らすことができるのか、一緒に考えていきたいと思います。

パンラクミンの基本 特徴や飲み方をチェック

「下痢と便秘を繰り返す体質でしたが、これを飲んで改善しました。」
「これを飲むとお通じがよくなるから、毎日飲んでいます。」

パンラクミンを使った人の感想は、主に上記2つ。
ということは、整腸作用を求めて飲んでいる人が多いようです。パンラクミンには、ラクボン菌という胞子を作る乳酸菌から出来た整腸剤なんですよ。

ラクポン菌っていったい何者?

ラクポン菌は有胞子性乳酸菌の1つ。乳酸菌はみなさんも1度は聞いたことがあると思いますが、“有胞子性”ってどういうことなんでしょうか?

有胞子性乳酸菌は、文字通り『胞子が有る』乳酸菌のことを指します。一般的な乳酸菌って、実は胃酸や胆汁、熱などにめっぽう弱く、口から取り入れても腸にたどり着くまでに死滅してしまうんです。

しかし、有胞子性乳酸菌は、方位の堅い殻で菌体を守っているので、熱や胃酸、さらには乾燥にも強い乳酸菌なんですよ。

つまり、ラクポン菌は生きたまま腸に届き、腸内環境を整えてくれる優秀な菌ということになります。

さらに優秀な成分も配合?

パンラクミンには、さらに『消化酵素タカヂアスターゼN1』や『ビオチン』なんて成分が含まれています。

タカヂアスターゼN1って何?

消化酵素タカヂアスターゼは、炭水化物やデンプンなどの糖質やタンパク質の消化にも優れている消化酵素の1つです。

そのため、偏った食事をしている方や外食ばかりの方に起きる、消化不良や食欲不振、胃もたれなどを改善してくれます。

ビオチンって何?

ビオチンは、ビタミンHとも呼ばれるビタミンB群の仲間です。

ビオチンは食品からの補給や腸内細菌の合成でも生成されるのですが、実は必要量を維持できず不足しがちな栄養素。

ビオチンが欠乏してしまうと、腸内環境が悪くなってしまい、悪玉菌が増えやすい状況を作り出してしまいます。その結果、食料不振や疲労感をきっかけに様々な病気の引き金になるんですよ。

この2つの栄養はラクポン菌の繁殖にもチカラを発揮!

パンラクミンは、そんな不足しがちな2つの成分を摂ることができるだけではなく、主成分となるラクポン菌の発育・増殖を促してくれるんです。

パンラクミンの用法・用量・副作用

パンラクミンは5歳未満の服用は禁止しています。
そのほかにも年齢別に飲む量が決まっているので、確認しておきましょう。

15歳以上 1回3錠を1日3回まで
11歳以上~15歳未満 1回2錠を1日3回まで
5歳以上~11歳未満 1回1錠を1日3回まで

摂取の方法は水で流し込む方法のほかにも、錠剤をかみ砕いてのみ込んでも構いませんよ。

また、パンクラミンには副作用がありませんが、アレルギー体質の方は要注意です。

服用後に発疹・発赤・皮膚のかゆみなどの症状が起きた時は、速やかにお医者さんや薬剤師の方に相談してくださいね。

添加物に要注意!

整腸作用にはすぐれたパンラクミンですが、添加物には注意してください。薬は人工定期に作られたものです。添加物も多く入っています。乳酸菌を積極的に摂る事は大切ですが、それによって腸は汚されている事も考えられるという事です。

添加物の危険性について。詳しくは、こちらのページで解説しています。
>>整腸剤を使い続けることが危険な理由

添加物は、体を老化させる活性酸素を生み出します。活性酸素はもともと、白血球により作られてウィルスや異物から私たちを守る働きをしていました。しかし、現代の食べ物は添加物が入っていない物を探す事が苦労するような時代です。されに、タバコの煙、紫外線、ストレスなどから受ける活性酸素の量は多くなり、処理能力が追い付かない状況なのです。

私たちの体を作っているのは、私たちが口に入れた食べ物です。人工的を利用するよりも、自然なものを体に入れて不調を改善していくのが、よっぽど「自然」であるように思います。

乳酸菌で薬にたよらないようにしょう!

人工的に作られた物は、副作用がつきものです。「安全です」「妊婦さんにも安心です」という言葉に惑わされないようにしましょう。実は、ヨーグルトにも多くの食品添加物が使われています。中でも「人工甘味料」と呼ばれるものは、私たちの体の中で、代謝されることがなく、分解されないと言われています。

材料や成分にこだわり、腸まで届く乳酸菌をしっかりと自分の目で選んで購入していく事が必要です。

その点乳酸菌サプリメンであれば、添加物も安心安全なものでできているので、薬に頼らずに腸内環境の改善が可能になってきます。
>>乳酸菌サプリメント ランキング

まとめ

安心と思って「パンクラミン」を毎日取る事は、体の中に食品添加物を蓄積させる事に繋がります。腸の調子が悪い時に、整腸剤に頼る事も時には必要ですが、乳酸菌サプリメントをはじめとした、善玉菌たっぷりの食品から摂って、お腹から元気を実現させましょう。

摂り方の詳細は、こちらで解説しております。
>>見逃さない!悪玉菌増殖のサイン。増殖を止める方法とは

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら