悪玉菌を抑制するパンクラミンの効果

[最終更新日]2015.05.07

整腸剤として有名な「パンクラミン」は有胞子性乳酸菌が主成分です。耐熱性にすぐれ、胃酸などの消化液にも強く、腸にしっかりと届く事ができる乳酸菌です。私たちの体にトラブルはつきものですよね。そんなトラブルを解消するために、知っておきたい薬の効果と、薬を利用しなくてもよい体を作るためにはどうしたら良いか考えてみましょう。

パンクラミンはどんな時に使うの?

「下痢と便秘を繰り返す体質でしたが、これを飲んで改善しました。」

「これを飲むとお通じがよくなるから、毎日飲んでいます。」

パンクラミンを使った人の感想はこういったものが多く、整腸作用を求めて、飲んでいる人が多いようです。これはラクボン菌という胞子を作る事ができる乳酸菌を、体に取り入れる事で改善していきます。クラボン菌は腸内で善玉菌を増やしていく事から、整腸作用に優れていると言えます。

添加物に要注意!

薬は人工定期に作られたものです。食品添加物も多く入っています。乳酸菌を取る事は大切ですが、それによって腸は汚されている事も考えられるという事です。

食品添加物は、体を老化させる活性酸素を生み出します。活性酸素はもともと、白血球により作られ、ウィルスや異物から私たちを守る働きをしていました。しかし、現代の食べ物は食品添加物が入っていない物を探す事が苦労するような時代です。されに、タバコの煙、紫外線、ストレスなどから受ける活性酸素の量は多くなり、処理能力が追い付かない状況なのです。

私たちの体を作っているのは、私たちが口に入れた食べ物です。人工的を利用するよりも、自然なものを体に入れて、不調を改善していきたいと思いませんか?

乳酸菌で薬にたよらないようにしょう!

人工的に作られた物は、副作用がつきものです。「安全です」「妊婦さんにも安心です」という言葉に惑わされないようにしましょう。実は、ヨーグルトにも多くの食品添加物が使われています。中でも「人工甘味料」と呼ばれるものは、私たちの体の中で、代謝されることがなく、分解されないと言われています。

材料や成分にこだわり、腸まで届く乳酸菌をしっかりと自分の目で選んで購入していく事が必要です。

まとめ

体に入れる物は自分で責任を持ってとる必要があります。安心と思って「パンクラミン」を毎日取る事は、体の中に食品添加物を蓄積させる事に繋がります。調子が悪い時に、薬を頼る事は必要ですが、サプリメントの様に飲み続ける事よりも、ヨーグルトや発酵食品から乳酸菌を取りましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら