悪玉菌にはオリゴ糖が効果的。そのわけとは

[最終更新日]2015.05.01

無糖ヨーグルトを食べる時、皆さんは何をかけて食べていますか?
ジャムやはちみつなどを加えるのも良いのですが、ヨーグルトの力を増大する「オリゴ糖」を加えて、腸内をきれいにしませんか?

オリゴ糖とヨーグルトの関係

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しています。
善玉菌が多ければ、腸内環境が整い、スッキリとした毎日が過ごせます。しかし、悪玉菌が多ければ、2~3日、頑固な便秘ですと2週間前後もスッキリしない。っという方も多くいらっしゃいます。

その腸内環境を助けるのが、ヨーグルトに含まれている「乳酸菌」です。
乳酸菌は小腸や大腸に届けられ、善玉菌を増やそうと頑張ります。乳酸菌の力だけで、善玉菌が増えれば良いのですが・・・そうではない腸内環境の方もいます。悪玉菌は簡単に増えるのに対し、善玉菌は増えにくいからです。

毎日ヨーグルトを食べてるのにスッキリしない。
っと感じている方は、善玉菌の力が足りないのかもしれません。そこで、プラスしてほしいのが「オリゴ糖」です。

オリゴ糖は母乳や野菜・果物などに極微量含まれる多糖類で、腸内にある善玉菌のエサとなり、どんどん増やして腸内環境を整えてくれます。熱や酸でも分解されることがないので、コーヒーなどに混ぜても大丈夫。

しかも!

難消化性の甘味料ですので、ダイエット中の方でも安心して食べられる甘味料。
人工甘味料よりはカロリーはありますが、人工甘味料の多くは、たくさん取ると、健康面で不安な点が多いのが難点。しかし、オリゴ糖は血糖値を上昇させない甘味料で、安心安全。

ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べるだけで、おいしく食べられるだけではなく、善玉菌を増やし、体に優しく作用してくれるのです。

順天堂大学医学部 教授・小林弘幸先生も推薦するオリゴ糖のススメ

「食事が偏っている人は、腸内に善玉菌よりも悪玉菌が多い状態。
改善するには、乳酸菌を含む食品などから善玉菌そのものをとったり、オリゴ糖や食物繊維など善玉菌のエサになる食品をとりましょう」

とススメています。

また、2008年京都大学では母乳に含まれるミルクオリゴ糖がビフィズス菌を増やす効果を持つ。

っと発表しています。

このように、オリゴ糖は安全で安心できる甘味料だということが証明されているのです。腸内環境のために食べるのであれば、無糖ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べれば、善玉菌を増やす最強な食品となります。

腸内をきれいにして、スッキリとした体になりましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら