悪玉菌ってなぜ増えるの?生活習慣と簡単な予防対策

[最終更新日]2015.05.07

赤ちゃんの頃は体の中はビフィズス菌がたくさんありました。それが、年を取り、様々な生活環境により悪玉菌が増えて行ってしまいます。では、どんな所に気を付ける事が必要なのでしょうか?悪玉菌が増える原因と、生活習慣の改善と予防を見て行きましょう。

食べ物によって増える悪玉菌

悪玉菌が大好きなものを知っていますか?実は、それはお肉なんです。食べ物は胃で消化された後、腸に運ばれます。しかし、お肉は胃で完全に消化されずに腸に運ばれます。肉類は腐敗した便となり、悪玉菌のエサとなります。そして、悪玉菌が増える事により、有害物質もどんどん作られます。

さらに、「甘いものが好き」「コーヒーがすき」という人も要注意です。善玉菌を破壊していく事がわかっています。糖質は代謝する時にビタミンB群を使用するので、皮膚やつめ、髪などを作る力を奪っていきます。さらに、糖分は日和見菌の一つであるカンジタ菌を増やし、悪玉菌が多い腸内では悪玉菌として活動させてしまいます。

ストレスによって増える悪玉菌

ストレスは自律神経のバランスを崩します。腸の蠕動運動は自律神経により決められるので、バランスが崩れてしまうと、蠕動運動は抑制され、便が排出されなくなってしまいます。これが便秘です。

逆に、蠕動運動が激しくなりすぎて、下痢をしてしまう事もあります。さらに、この2つに共通して言える事が、悪玉菌が住みやすい環境であるという事です。

生活習慣の改善するために必要な事!

毎日行っている事を少しずつ、変えて行きませんか?例えば食事は肉を少なく、野菜を多くする事。善玉菌のエサとなるようなオリゴ糖や食物繊維が入った食べ物を意識的に取り入れましょう。ご飯は腸を掃除し、ミネラルも補給してくれる玄米をまぜて炊く事をオススメします。

ストレスを発散させるための運動は腸の蠕動運動を活発にしてくれます。さらに、質の良い睡眠、入浴も、体がリラックスする為に、善玉菌を増やす為に必要です。

悪玉菌が増えないようにするためにも、乳酸菌をヨーグルトやサプリメントを利用して、どんどん取り入れて行きましょう。乳酸菌を体に少しずつ溜めていく事が健康になる秘訣です。

まとめ

毎日何気なく送っている生活は選択を間違うと、腸内環境に悪影響を与えている可能性があります。あなたの未来が、健康であるために出来る事から、少しでも腸によい事をしていきませんか?乳酸菌はそんなあなたの頑張る力をサポートしてくれるはずです。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら