生きたまま善玉菌を摂取したい。そのためにしておきたい3つのこと

[最終更新日]2015.05.01

今では健康にいいことが多くの人に知られている乳酸菌やビフィズス菌。
これらの細菌は腸内で善玉菌を増やして体を健康にしてくれるとともに、ダイエットや美容にも効果のあるものとして知られています。さらには便秘・下痢の改善などにも効果的なのです。そんな善玉菌ですが生きたまま摂取することはできるのでしょうか?

どうして乳酸菌などを生きて摂取した方がいいの?

そもそも最初の知識として、善玉菌は摂取できません。
乳酸菌やビフィズス菌を摂取し、腸内の善玉菌を増やしていくイメージですね。

腸内環境を整えるうえで、特に善玉菌の活躍は欠かせないものになっています。東京大学名誉教授 光岡知足氏によると生きた乳酸菌を摂取する理由を“乳酸発酵のため”に必要としています。“生きた乳酸菌でないと、発酵させられません。

腸内では、乳酸菌の菌体成分と、発酵でできた成分が、腸内で活躍”するとしています。腸内で善玉菌が十分に活躍できる環境を整えるためにも、生きた乳酸菌などを摂取することは、とても大事であることが分かります。

生きたまま乳酸菌などを摂取するためには、胃酸を避ける

生きたまま乳酸菌を腸に届けるためには、まずは胃酸を避けます。

と言っても、胃から出てくるもののために、避けては通れないのでは?と思うことでしょう。でも胃酸の量は変化していくのです。食前には多く出され、食後にはあまり出されていません。そのためにビフィズス菌や乳酸菌を摂取する際には、食後に取るようにしましょう。

生きたまま乳酸菌などを摂取するためには、熱を避ける

乳酸菌の特徴として、熱に弱いことも挙げられます。
熱が加わると死滅してしまうのです。そのために熱を加えなければ摂取できない乳酸菌類ではなく、加熱なしに食べられる細菌を摂取するようにしましょう。

たとえば、ヨーグルト、漬物、キムチ、加熱処理されてないチーズなどです。安全性のために加熱処理をしてあるものが多いですので、細菌類を生きたまま摂取するためにはホームメイドの発酵食品などがおすすめです。

生きたまま乳酸菌などを摂取するためには、サプリメントを利用する

細菌の特性上、どうしても摂取したすべての細菌を生きたまま腸に届けることができるわけではありません。そこで利用したいのが、サプリメントなどです。

乳酸菌をカプセルなどに詰めているものだと、カプセルが腸の中でとけて細菌が腸まで届くように設計されたものもあります。いろいろと考えるのが、面倒であれば手っ取り早く確実に生きたまま細菌を摂取できるサプリメントなどを利用するのが便利に思えます。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら