ヨーグルトで悪玉菌を撃退するって正しいの?

[最終更新日]2015.05.01

善玉菌と悪玉菌のバランスが腸内環境を整えるということが、広く知られてきています。またそれが美容やアンチエイジング、健康にもつながるとあって、現在多くの女性が注目していますね。

そんな腸内環境を整える食べ物として有名なのが、ヨーグルトです。でも問題は、本当にヨーグルトには善玉菌を撃退してくれる効果があるの?ということです。詳しく調べていきましょう。

善玉菌を豊富に含むお助けマン「ヨーグルト」

ヨーグルトは確かに腸内環境を整える効果のある食べ物です。
その理由は善玉菌が繁殖しやすい酸性に腸内を作り、善玉菌を増やす効果があるからです。

そもそもヨーグルトとは、 牛乳などを乳酸菌、酵母などで発酵させたものです。ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ブルガリア菌、サーモフィルス菌、ヤクルト菌など、ヨーグルトの種類によって含まれている菌の種類は違ってきます。

ヨーグルトで善玉菌を増やそうと考えている方は下記ページもご覧ください。
ヨーグルトで善玉菌を増やすには

勘違いが多いヨーグルト

多くの人は乳酸菌が含まれているヨーグルトさえ摂取すれば、腸内で善玉菌が増えるとおもっている人が多いのです。

しかし残念なことに、乳酸菌などの善玉菌は非常に熱と胃酸に弱いのが特徴です。そのために腸に達さずに死滅してしまうものも多いのです。つまりヨーグルト摂取=腸内環境の改善とはならないのです。

効果的にヨーグルトを摂取して!

ヨーグルトの効果を実感して悪玉菌を撃退するには、ヨーグルトを正しい方法で摂取することが大事です。「生きたまま腸まで届く乳酸菌」を摂取することがポイントといえます。

たとえば多くある乳酸菌でも、ビフィズス菌やアシドフィルス菌は腸内に生きて届く可能性が高く、比較的長生きできる菌です。これらの菌が含まれるヨーグルトを探します。

食べるに最適な時間

食べる時間は食後がいいとされています。
その理由は胃酸が抑えられているからです。胃酸によって死滅してしまう乳酸菌が多いのです。

また乳酸菌のエサとなるオリゴ糖などもともに摂取すると、乳酸菌の増加を助けてくれます。善玉菌により酸性物質が作られて、腸内の悪玉菌をおさえこむことができるようになります。

ヨーグルトは悪玉菌撃退に有効的な食べ物である

ヨーグルトに関しての意見は分かれるものの、ヨーグルトは悪玉菌の撃退には確実に役立つ食べ物です。しっかりとその摂取の方法に気を付けていれば、その効果を実感できるようになることでしょう。

しっかりと吟味したヨーグルトを適切な時間に、適切な方法で食べるようにしてください。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら