善玉菌を増やすカンタンな方法

[最終更新日]2015.05.01

腸内環境の善玉菌が減り、悪玉菌が増えると、便秘を起こしやすくなり、人体に有毒な物質が血管を通して全身に回ります。新陳代謝が低下して肌トラブルを起こしたり、免疫力が低下し疲れやすくなったり、身体にさまざまな悪影響を及ぼすのです。では善玉菌を腸内でカンタンに増やすためにはどうすれなよいのでしょうか。

サプリメントを利用する

もっとも簡単で長続きしやすい方法です。
善玉菌である乳酸菌を増やすためのサプリメントは、各社から出ています。

サプリメントのメリット

サプリメントを利用することのメリットは、手軽で続けやすい、1回で多くの乳酸菌を摂取することができる、常温保存ができる、などです。

ヨーグルトなどから摂取する乳酸菌は、生きて腸まで届くことはほとんどありません。しかしサプリメントには生きて腸まで届く乳酸菌が配合されています。また、サプリメントの味も工夫されていて、ブルーベリー味のものやチーズ味のものなど飲みやすく、水なしで飲めるタイプもあります。

青汁で善玉菌を増やす

健康ドリンクといえば青汁ですが、最近は乳酸菌やビフィズス菌を配合しているタイプのモノも販売されており、野菜+乳酸菌が手軽に摂取できるようになっています。

腸内での善玉菌生成に欠かせない食物繊維を同時に取ることもできるのでとても健康効果が高いと言えます。味も美味しく飲みやすいので、トライアルセットなどでためしてみてはどうでしょうか。

ニンジン、リンゴ、バナナを食べる

最近の研究で、ニンジンにはビフィズス菌増殖因子があることがわかってきました。

ヨーロッパではお腹の調子が悪い子にニンジンスープを飲ませる習慣もあるそうです。また、腸内の善玉菌生成に必要なオリゴ糖を含むリンゴやバナナと一緒に取るとさらに効果的です。

肉食を減らし野菜を食べる

肉中心の食事や、偏った食事は悪玉菌を増やす原因となります。

肉類は週に1度程度に控え、肉を食べる際にも十分な量の野菜といっしょに取ることを心がけましょう。また野菜に含まれる食物繊維は、腸内の善玉菌の大好物です。野菜中心の食生活が善玉菌を増やす近道です。

善玉菌を含む食品を食べる

ヨーグルトに代表される、ビフィズス菌や乳酸菌を多く含む食品を取ることで、腸内の善玉菌を増やすことができます。ヨーグルトの他に乳酸菌を含む食品は、チーズや味噌、ぬか漬けやキムチなどが挙げられます。

これらの食品を積極的に日々の食事に取り入れましょう。ただし、この中には塩分が高い食品も多いので、取りすぎに注意してください。

善玉菌を含む食品については下記ページも参考にご覧ください。
善玉菌を増やす食品一覧 おすすめレシピ

納豆を食べる

納豆をはじめとする大豆製品には、善玉菌のえさとなるオリゴ糖を多く含んでいます。
ですから、大豆や味噌なども積極的に取りたい食材ですが、その中でも納豆に含まれる納豆菌は、腸内の悪玉菌を殺す働きがあります。さらに納豆菌自身が腸内で善玉菌となり、他の善玉菌を増やす機能を果たします。

 

善玉菌が腸内に多いかどうかは便を見て判断できます。黄色から黄色が買った褐色で、バナナのような、適度にやわらかい便が理想的です。善玉菌が優勢な時には便のにおいも臭みが減少されます。毎日の便で腸内環境の様子をチェックしながら、善玉菌を増やす生活をしましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら