善玉菌、乳酸菌、ビフィズス菌、それぞれ何が違うの?

[最終更新日]2015.05.01

年々健康志向の人が増えてきており、健康にいいとテレビなどで紹介されればその商品がバカ売れする現象は、珍しくはありません。善玉菌・乳酸菌・ビフィズス菌などについても、テレビのCMや特集などで取り上げられており、注目の成分となっています。しかしこれらの善玉菌・乳酸菌・ビフィズス菌ですが、実はどのような違いがあるかわからない!という人も多いのです。そこで3つの細菌の働きや違いなどについて調べていきましょう。

善玉菌って何?

そもそも私たちの体には、数多くの細菌が存在しています。そんな最近も体に良い影響を与えてくれる善玉菌と、有害物質を生み出して体へ悪影響を与える悪玉菌の二つ分類することができます。

つまり善玉菌は、人体に良い細菌類のことを指しています。乳酸菌やビフィズス菌も体へいい影響を及ぼす、善玉菌の一つなのです。善玉菌の種類は豊富にありますが、どれもが健康維持のためには必要なものであり、健康維持への効果を持っている細菌類を総称して善玉菌といいます。

乳酸菌って何?

善玉菌の一つで、体にいい影響を与える細菌です。
乳酸菌の効能は腸内清掃や、便秘・下痢・腹痛の改善などです。乳酸菌の中でも植物性乳酸菌と動物性乳酸菌に分けることができます。

植物性乳酸菌は生きたまま腸にまで届くことができる菌です。
味噌・米・納豆などの植物由来の発酵食品に多くに含まれています。動物性乳酸菌はヨーグルト、チーズなどの乳製品類に含まています。胃酸の影響を大きく受けるために、生きたまま腸に届くことができないものが多いです。しかし植物性乳酸菌のエサになったり、刺激物として影響を与えたりと体にとって良い影響を持っているものには変わりありません。

ビフィズス菌って何?

ビフィズス菌は、動物にもある善玉菌の一つです。
効能は善玉菌と悪玉菌のバランスを整える整腸作用があります。さらにその効能は発がん性物質の発生抑制、体に害がある最近を体内から排除する作用、下痢・便秘などの腸トラブルの抑制作用、アンチエイジングなどの多岐に渡ります。ビフィズス菌も乳酸菌同様に、善玉菌の一つで体にいい影響を与えてくれる細菌です。

ビフィズス菌の効果・効能

善玉菌・乳酸菌・ビフィズス菌の違いのまとめ

善玉菌は体にいい影響をもたらす細菌類の総称で、乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌の一つです。ただし乳酸菌は腸内清掃・疲労回復・免疫力向上などの効果を持っており、ビフィズス菌は腸内バランスを整え、発がん性物質抑制・老化抑制などに効果があり、それぞれの菌が持つ効能には違いがあります。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら