治らない便秘、それは悪玉菌が関係している?

[最終更新日]2015.05.01

便秘の悩みを抱える女性は多いかと思います。
ただの便秘とは言っても、その不快感はかなり嫌なものです。

また便秘によって引き起こされる肌荒れや様々な健康問題を考えるのであれば、ただの便秘だから!とそのままにはできません。便秘は一度なってしまうとクセになり、なかなか治らないとも言われます。そんな治らない便秘は、悪玉菌の影響とも言えます。

便秘と悪玉菌

便秘の原因は「腸内細菌のバランスが悪玉菌優勢なっているため」というのをご存じでしょうか?
腸内環境というのは、善玉菌と悪玉菌のバランスによって成り立っています。善玉菌よりも悪玉菌が多い場合、便秘がちになるんですね。逆にいうと便秘をすることで、腸に老廃物が長い間たまりさらに悪玉菌が増えてしまい腸内環境は悪くなってしまうのです。

便秘になると腸内ではどのようなことが起こっているの?

便秘ですので、当然便が腸内にある時間が長くなります。
つまりそれだけ悪玉菌から出る有害物質が体に吸収されやすくなってしまうのです。有害物質は当然、体の機能へ悪影響を与えます。

腸の蠕動運動の停滞

有害物質を吸収しやすくしてしまう悪玉菌が多くなることで、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が滞ってしまうのです。蠕動運動が停滞すると、さらに便の出は悪くなってしまい、次の便秘を生んでしまうのです。「負の連鎖」とも言えます。

治らない便秘は、悪玉菌の作用による蠕動運動の滞りが原因といえます。

悪臭を持ったガスも

さらに便秘になると悪臭を持ったガスも発生します。
これがガンや生活習慣病にかかるきっかけにもなることがあります。なにより臭すぎて日常的に「おなら」ができなくなります。

ただの便秘といっても、実は怖い要素を持っている症状であるといえます。便秘は早めに直すのが得策です。

蠕動運動の活性化が便秘解消のカギ

便秘の解消には、蠕動運動を活発化させることがカギとなります。
蠕動運動を活発にさせるためには、善玉菌が大きな役割を担います。善玉菌優勢の状態では、乳酸菌が乳酸を作ります。この乳酸が腸を刺激してくれます。刺激を受けた腸は蠕動運動を活発化させていきます。

自然なお通じを生み出すためには、善玉菌を優勢にして腸内細菌のバランスを整えることが大事です。

 

治らない便秘は、今の便秘を作っている悪玉菌が、将来の便秘を作る悪玉菌を増やしてしまうことにあるのです。悪玉菌をしっかりと減らして善玉菌を優勢にさせることで、腸内環境をしっかりと整えて蠕動活動を促進させましょう。

下記カテゴリでは「腸内環境と便秘」に特化して解説していますので、ぜひ一緒にご覧ください。
便秘・お通じ対策

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら