善玉菌サプリランキング 選ぶときのコツをおさえて賢く購入するためには

[最終更新日]2017.11.10

「私たちの腸は年を重ねるごとに悪くなる」

なんて言われたらドキッとしませんか?
実は腸って、“第二の脳”なんて言われるほど超重要な内臓。あなたの健康を一番に感じることができる器官なんです。

しかし、実は腸の中で活躍している『善玉菌』って年を重ねるごとに減少してしまい、悪玉菌が暗躍する機会が増えて体の異変を起こしやすくしてしまいます。

例えば、日常的に起きる“便秘”。
便秘は、まさに悪玉菌が増えて腸内活動が弱まり、体に必要ないものをどんどんため込んでいる状態。もしかしたら便秘は、善玉菌が体に訴えかける、最初のSOSサインかもしれません。

そうならないためにも、善玉菌サプリを摂って腸の中に援軍を送る必要があるんです。

今回は、そんな善玉菌サプリの中でも特にオススメなものを厳選してランキング形式で紹介していきたいと思います。是非、あなたの善玉菌サプリの参考にしてくださいね。

目次

善玉菌サプリは3つのポイントに注目!どういうこと?

善玉菌サプリには、乳酸菌が配合されているものやビフィズス菌が入っているものなど、本当にたくさんの商品が各メーカーから販売されています。

「一体どれが一番私に合っているの!?」

なんて思う方も多いはず。
だからといって、ただやみくもに、『このサプリがオススメ!』なんて書かれているものを、手あたり次第試すのもいいとは思いますが、どうせなら自分に合ったサプリを選んで試していきたいですよね。

実は善玉菌サプリを選ぶ時には3つのポイントをおさえることで、自分に合ったサプリを見つけやすくなります。

菌の種類と量 自分の体質に合った菌を選びましょう

“善玉菌”と一口に言っても乳酸菌やビフィズス菌など、その種類ってかなり多いですよね。

しかも乳酸菌やビフィズス菌は、そこからもさらに種類がありそれぞれに特徴があります。

基本的な動きは『腸内環境を整えること』にありますが、それぞれに得意なことと、苦手なことってあるんですよ。

そのため、あなたが持つ悩みに合わせた善玉菌が、多く配合されているものを選ぶようにしましょう。

乳酸菌とビフィズス菌の簡単まとめ

善玉菌の種類 乳酸菌 ビフィズス菌
腸の中の定着部分 小腸 大腸
胃酸に対しての強さ やや弱い 弱い
消化器官で菌が作るもの 乳酸 ・乳酸
・酢酸
・ビタミンB群
・葉酸
働き 健康サポート ・便通改善
・美容効果
・健康サポート

安心性 実績や機能性・研究結果が明らかになっているものを選びましょう

いくら『有能な菌をこれくらい入れています!』なんて言われても、実際に口から摂取性手、腸の中に届いて活躍できる保証がされていないものは、飲みたいとは思いませんよね。

乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に対して、かなり弱い存在。そのため、実は口から善玉菌を摂取しても『生きたまま』腸に届くことってほとんどないんです。

しかし今では、酸に対して比較的強い菌を使ったり、それぞれの販売会社の独自技術のカプセルを使って守ったりして、腸に届くようにしているものが多くあります。

また、臨床実験で腸の中の善玉菌が増えた結果を、表示しているものだと安心できますよ。

コスパ 毎日続けやすい価格のものを選びましょう

善玉菌サプリを選ぶときに忘れてはいけないのが、『続けやすい価格』です。薬のように即効性がない善玉菌サプリは、毎日飲み続けていくことがかなり大事。

毎日飲み続けるためにも、『長期的に飲むことを考えて、続けられる価格かどうか』も見ておくようにしましょう

善玉菌サプリランキングTOP10 まずはココから試してみましょう!

『菌の種類と量・安心性・コスパ』の3つの条件を満たしている善玉菌サプリの中でも、特にオススメなサプリをランキング形式で紹介していきたいと思います。

まずはこの中から試して、自分に合った善玉菌サプリを見つけていきましょう。

第1位 ヘルスエイド・ビフィーナS

内容量 30袋/30日分
価格 初回限定価格 2,980円
通常購入価格 3,856円
定期購入価格 3,084円
1日あたりの価格 初回限定 99円
通常購入 128円
定期購入 102円
乳酸菌の種類 ・ビフィズス菌ロンガム種 50億個
・アシドフィルス菌 10億個
・ガセリ菌 10億個
特徴 ・機能性表示食品で効果が明記されている
・3層構造のハイパーカプセルで生きたまま腸に菌が届く
・オリゴ糖も配合し、善玉菌の働きを活性化することができる
・ビフィズス菌と相性がいい乳酸菌を配合することで、お互いの相乗効果により最大限に力を発揮する

120年以上の歴史を持つ医薬品メーカー、森下仁丹から発売されている、善玉菌サプリです。

ヘルスエイド・ビフィーナSは、乳酸菌を含むサプリメントの中でも、非常に人気の高いサプリで、20年連続シェアNo.1、販売累計数1000万個を突破しています。

しかも、機能性表示食品として、便通改善効果を明記しているのも気になるポイント。

そんなヘルスエイド・ビフィーナSには、ビフィズス菌ロンガム種を50億個も配合。

さらにビフィズス菌と相性がいい、乳酸菌のアシドフィルス菌やガセリ菌も配合しているため、お互いの相乗効果により、ビフィズス菌と乳酸菌のパワーを最大限に活かすことができるんです。

また、ヘルスエイド・ビフィーナSは独自開発された耐酸性に優れた3層構造のハイパーカプセルに菌を閉じ込めることによって、生きたまま腸までビフィズス菌や乳酸菌を運ぶことができますよ。

第2位 乳酸菌革命

内容量 62粒/約31日分(1日2粒目安)
価格 通常購入価格 2,880円
定期購入価格 2,730円
1日あたりの価格 通常購入 92円
定期購入 88円
乳酸菌の種類 ・6種類のラクトバチルス層の乳酸菌
・ビフィズス菌
・ラブレ菌
・ガセリ菌
・乳酸菌EC-12
・有胞子性乳酸菌
特徴 ・商品販売後も品質改良を続けている
・すべての人の腸内フローラにマッチするように様々な乳酸菌を配合している・耐酸性に優れたカプセルで生きたまま腸に菌を運べます
・添加物を一切使っていないため、安心・安全

健康いきいき倶楽部から販売されている乳酸菌革命は、ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌をはじめとした主役級の乳酸菌が、16種類500億個を1粒にギュッと詰め込んだ、全だあ菌サプリです。

乳酸菌の種類や生きたまま腸まで届く配慮、有効成分などすべてに高い安心感がありますが、一番の特徴は何といっても、発売後も品質改良を続けていることにあることです。

現在4代目となっている乳酸菌革命は、6種類のラクトバチルス属の乳酸菌を筆頭に、ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌や乳酸菌EC-12、有胞子性乳酸菌が含まれていて、幅広い方の腸内フローラにマッチするようになっています。

しかも、生きたまま多くの乳酸菌を届けるために、耐酸性のカプセルで配合されているんですよ。

第3位 乳酸菌EC-12

内容量 顆粒タイプ(お試しサイズ) 30袋/30日分
顆粒タイプ(通常サイズ) 61袋/30日分
チュアブルタイプ 120粒/30日分(1日4粒目安)
価格 【顆粒タイプ】
・お試しサイズ 1,810円
・通常サイズ 6,000円
・定期コース 5,400円
【チュアブルタイプ】
・お試しサイズ 1,810円
・通常サイズ 3,000円
・定期コース 2,700円
1日あたりの価格 【顆粒タイプ】
・お試しサイズ 60円
・通常サイズ 98円
・定期コース 88円
【チュアブルタイプ】
・お試しサイズ 60円
・通常サイズ 100円
・定期コース 90円
乳酸菌の種類 乳酸菌EC-12(フェカリス菌) 1兆個
特徴 ・衛生管理基準GMP取得
・熱や胃液などに対する耐性がしっかりついている
・配合されている乳酸菌の数がケタ違い
・ミルクオリゴ糖(ラクチュロース)配合で、善玉菌の動きを活発化

サロンパスでも有名な、製薬会社の久光製薬から販売されている、善玉菌サプリです。

乳酸菌E-12には、殺菌した乳酸菌EC-12が1回分で、1兆個も入っているのが大きな魅力。

実は通常の生菌(生きた乳酸菌などの善玉菌)の多くは、耐酸性のカプセルに包まれていない限り、多くが胃酸で死んでしまい、腸には死菌として届くことが多いんです。

しかし、EC-12はあえて加熱処理加工して死菌にして、高密度に濃縮しているので胃酸によって死滅しません。さらに熱にも強く、品質が安定しやすいので、安心して飲み続けることができるんですよ。

また、乳酸菌EC-12にはトクホにも指定されている、難消化デキストリンやラクチュロースも配合しているため、腸内の菌をさらに活発にしてくれます。

そんな乳酸菌EC-12は、顆粒(かりゅう)タイプとチュアブル(タブレット)タイプの2種類から選べるので、自分に合った方を試してみてくださいね。

第4位 善玉菌のチカラ

内容量 31粒/約31日分(1日1粒目安)
価格 定期コース価格 1,550円(2回目からは2,350円)
1日あたりの価格 定期コース価格 51円(2回目以降 75円)
乳酸菌の種類 クレモリス菌FC株
特徴 ・ねばり成分を生み出し、腸まで生きたままクレモリス菌FC株が届く
・独自製法で生きたままカプセル化し、クレモリス菌FC株を凝縮
・アルギン酸カリウムが余分なものを追い出して、便秘解消に
・日本人に不足しがちなカルシウムもプラス

塩こんぶ“ふじっ子”や、“カスピ海ヨーグルト”の販売を行っている大手食品メーカー、フジッコから販売されている善玉菌サプリです。

善玉菌のチカラは、同じ会社が販売しているカスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌、『クレモリス菌FC株』に注目し、20億個も配合しています。

クレモリス菌FC株の力の秘密は、強力な『ねばり』
ほかの乳酸菌にはほとんど含まれないこのねばり成分、実は“ESP(エキソ・ポリ・サッカライド)と呼ばれる多糖類の一種で、人間が持つ消化酵素では分解できない特徴があるんです。

そのため、クレモリス菌FC株と一緒に、消化吸収されずに腸へ運ぶことができます。

さらに、日本の女性に不足しがちな栄養素であるカルシウムや、体内環境をサポートする海藻生まれの食物繊維(アルギン酸カリウム)も配合しているため、クレモリス菌FC株とともに、スッキリをサポートしてくれるんですよ。

第5位 森永ビヒダスBB536

内容量 お試しセット 2カプセル×7袋(1週間分)
通常サイズ 60カプセル/約30日分(1日1カプセル目安)
価格 お試しセット 500円
通常購入価格 3,670円
定期購入価格 1,835円(2回目以降 3,305円)
1日あたりの価格 お試しセット 71円
通常購入価格 122円
定期購入価格 61円(2回目以降 110円)
乳酸菌の種類 ・ビフィズス菌BB536
特徴 ・様々な効果が期待できるBB536を150億個も配合
・機能性表示食品で効果が明記されている
・アメリカのFDAの安全審査制度においてGRAS(一般的に安全を認められたもの)認定を取得している
・独自技術で胃酸に強いカプセルを使っているので、生きたまま腸に届く

大手乳製品メーカーである森永乳業から販売されている、善玉菌サプリです。

森永ビヒダスBB536には、森永乳業が発見したBB536と呼ばれるビフィズス菌を、150億個尾配合しているのが魅力の一つ。

BB536は腸内環境を整えるだけではなく、免疫力の向上や骨の増強、コレステロール値の抑制など様々な効果が期待できる栄養成分なんです。

そんな魅力の栄養を、独自開発した耐胃酸カプセルに閉じ込めることにより、生きたまま腸へ届けることができます。

しかも小さめのカプセルを採用することで、カプセル剤でありながらも飲みやすさを追求しているんです。

森永ビヒダスBB536は機能性表示食なので、安心して飲むこともできますよ。

第6位 プレミアムスリムビオ

内容量 90粒/約30日分(1日3粒目安)
価格 通常価格 7,980円
定期価格 1,980円(2回目以降 3,980円)
1日あたりの価格 通常価格 266円
定期価格 66円(2回目以降 132円)
乳酸菌の種類 ・EC-12
・スマート乳酸菌
・ビフィズス菌B-3
・ビフィズス菌BR-108
・有胞子性乳酸菌
・フェカリス菌
特徴 ・多くの乳酸菌をギュッと3粒に詰め込んでいる
・ダイエットをサポートする栄養が多く含まれている
・GMP認定工場で製造しているので安心

株式会社アンビシャスから販売されているプレミアムスリムビオは、anan2017年6月号にも掲載され、若い女性に注目されている善玉菌サプリです。

プレミアムスリムビオは、話題の乳酸菌EC-12だけではなく、ポリフェノールの吸収を助ける働きがあるスマート乳酸菌や、腸内フローラと肥満の関係に注目して発見された、ビフィズス菌B-3をギュッと濃縮しています。

しかも、ラクトフェリンやレジスタントスターチ(難消化デンプン)、納豆菌や落ち露頭など、多くのサポート成分もこれでもかというほど配合しているんです。

そのため、腸内に棲んでいる善玉菌の働きを活発にして、整腸作用だけではなくダイエット効果まで期待できます。

第7位 植物性乳酸菌ラブレ

内容量 30粒/約30日分
価格 通常価格 4,628円
定期価格 4,062円
1日あたりの価格 通常価格 154円
定期価格 135円
乳酸菌の種類 ラブレ菌
特徴 ・1日1粒に凝縮しているので飲みやすい
・日本人と相性がいいラブレ菌は腸で生き抜く力が強い

トマトケチャップの大手販売メーカー、カゴメから販売されている善玉菌サプリです。

植物性乳酸菌ラブレに含まれるラブレ菌は、1993年に京漬物『すぐき』から発見された、植物由来の乳酸菌。植物性乳酸菌は生命力が強いのが特徴で、生きたまま腸に到達することができます。

しかも、ラブレ菌は日本人が好んで食べている味噌や納豆、漬物といった日本食に多く含まれているので、日本人と相性がいいんですよ。

そんなラブレ菌を1粒に100億個以上も詰め込んでいるので、健康な毎日をしっかりサポートしてくれますよ。

第8位 ライラック乳酸菌

内容量 62粒/約31日分(1日2粒目安)
価格 通常価格 4,536円
定期価格 980円(2回目以降 3,758円)
1日あたりの価格 通常価格 146円
定期価格 31円(2回目以降 121円)
乳酸菌の種類 ・ライラック乳酸菌
特徴 ・特許を取得したライラックの鼻から採取した乳酸菌を使用
・おからカプセルを採用することで、生きたまま腸に乳酸菌を届けることができる
・北海道食品機能性表示制度(ヘルシーDo)認定商品なので安心

アテリオ・バイオ株式会社から発売されている、ライラック乳酸菌は北海道の代表的な花、ライラックから生まれた植物性乳酸菌で、有胞子乳酸菌に分類され、熱や酸に強い特徴があります。

ライラック乳酸菌はライラックの花から採取した、独自の有胞子性乳酸菌を使っているのがポイント。優しくて繊細な成分によって、おなかの環境をしっかりと整えてくれるんです。

また、大豆で出来たおからカプセルを採用することで、大腸の奥まで生きて届いて善玉菌の働きをしっかりサポートしてくれますよ。

第9位 アシドフィルス菌&ビフィズス菌80億

内容量 120粒/60日分(1日2粒目安)
価格 通常購入価格 1,843円(変動あり)
1日あたりの価格 通常購入 30円
乳酸菌の種類 ・アシドフィルス菌 40億個
・Bb-12株 32億個
・ビフィズス菌ロンガム種 8億個
特徴 ・アメリカ有名ブランドで、価格がかなり安い
・アシドフィルス菌は“乳酸菌”のことで、ビフィズス菌と乳酸菌のみがバランスよく含まれています。

アメリカの大手サプリメントメーカー、Now Foods(ナウフーズ)から販売されている痩せ菌サプリメントです。海外ブランドともあり、少し手を出しづらいと思いますが、安心してください。

Now Foodsはアメリカの健康志向者の中では有名なブランドで、アメリカの厳しい基準の中で製造しているためかなり高品質なんです。

そんなNow Foodsが販売しているアシドフィルス菌&ビフィズス菌80億個の特徴は、たったこれだけしか配合されていないことが挙げられます。

ちなみに、アシドフィルス菌というのは『乳酸菌』のこと。つまり、乳酸菌とビフィズス菌がバランスよく入っていますよって書いてあるんですよ。

第10位 ラクテクト

内容量 90粒/30日分(1日3粒目安)
価格 通常購入価格 4,600円
定期購入価格 4,140円
1日あたりの価格 通常購入 153円
定期購入 138円
乳酸菌の種類 ラクトバチルスS-PT84(プロテクト乳酸菌)
特徴 ・生きたまま腸まで届くラクトバチルスS-PT84配合
・厳選した4種類の成分を贅沢に配合
・楽とバリア成分を独自配合して販売された日本で初めての商品
・ビタミンB1・B2・B6などが配合されており、ラクトバリア成分をサポートしている

大手飲料メーカーのサントリーから販売されている、善玉菌サプリです。

ラクテクトは、100種類以上の素材から厳選された『ラクトファリン・ラクチュロース・ラクトバチルス・フコダイン』が含めており、日常的に摂取することが難しい成分を含んでいることが、ラクテクトのうれしいポイント。

この中でも、注目してほしい栄養が『ラクトバチルスS-PT84』。
実は、サントリーがしば漬けから発見した独自の乳酸菌なんです!この乳酸菌の別名は『プロテクト乳酸菌』。その名の通り、高い免疫力活性化作用があります。

ほかの乳酸菌と比べて強固な細胞壁があり、摂取後も細胞壁の構造が維持されるので、高い免疫力活性化作用があるんです。

そのため、免疫力の強化やアレルギー改善、インフルエンザ対策などでも注目されています。

腸は『幸せ』を作る?どういうこと?

「善玉菌は腸内環境を良くしてくれる!」

なんてよく言われることが多いですが、そもそもなんで腸内環境をよくすることがいいのでしょうか。

腸は『幸せ』を作ってくれる

そう言われてもピンときませんよね。
実は腸って便秘などの健康維持に役立つことだけではなく、ハッピーホルモンとも呼ばれるセロトニンを作っているんです。

みなさんがストレスを感じるとき、脳よりも腸が反応してこのセロトニンを作ることで、不安や怒りなどのネガティブな思いを抑えています。

しかも、普段からセロトニンが適切に出ていると、“幸せ”な気分を保つことができるんです。あなたが毎日を楽しく過ごしていくためには、実は腸から体を整えていくことが大事なんですよ。

ダイエットにも効果がある?

また、腸内環境とダイエットってかなり密接な関係にあるんです。腸内環境を整えることで、脂肪の燃焼率が高まり、基礎代謝力をアップすることができます。

そのため、善玉菌って『痩せ菌』なんて言われて、ダイエットする方に今注目され始めているんですよ。

善玉菌が増えるとうれしいのは便通だけ?実は意外な効果もあるんです!

さらに、善玉菌が増えて腸内環境が整うことでうれしいのは、便秘の解消だけではないんです。ほかにも様々な効果があります。

免疫力アップで病気やアレルギーに強い体に!

実は腸内は全身の6~7割の免疫細胞が集まっている大企業。みなさんの健康のために毎日せっせと働いています。

あなたの働く環境が悪くなると仕事の効率が落ちるように、腸内環境が悪くなってしまうと免疫細胞の働きが悪くなってしまい、風邪をひきやすくなったり、アレルギーの症状が強くなったりしてしまうんです。

善玉菌は劣悪になった働く環境を改善して、免疫細胞の働く環境を整えてくれます。

アンチエイジングにも効果あり!

「体がさび付いてきたなー」

なんて言葉、聞いたことはありませんか?実はそれ、ほんとのことなんです。

私達の体には活性酸素と呼ばれる成分が、酸素を摂り入れることで作り出されます。もともと活性酸素は、強い攻撃力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治する働きを持っています。

しかし、必要以上に増えすぎてしまうと、健康な細胞までを酸化してしまい老化の引き金になってしまいます。善玉菌は、そんな活性酸素の量を管理し、増えすぎないように注意してくれているんです。

つまり、善玉菌サプリで腸内環境を整えてくれることで、活性酸素の増えすぎを抑制し文字通りさび付きにくい体を作り、いつまでも若々しい体を維持できます。

善玉菌サプリはいつ飲むと効果的?ベストタイミングって実は1つだけだった!

そんな様々な善玉菌の効果を最大限に発揮するためには、どのようなタイミングで善玉菌サプリを摂ることがいいのか、気になりませんか?

オススメは夕食後

善玉菌サプリに含まれる乳酸菌やビフィズス菌って、胃酸に弱いもの。

そのため善玉菌は生きたまま腸に届くことで、最も効果的に善玉菌を増やすことができるので、なるべく胃酸などの危険にさらさずに飲むのがベストです。

つまり腸までしっかり善玉菌を届けるためには、胃酸の分泌が少ない“食後”の胃酸分泌が落ち着いたころを見計らって飲むことが正しい飲み方になりますよ。

また、善玉菌サプリを飲むときは、常温の水が最適です。善玉期は胃酸だけではなく、熱にも弱いものなので、間違っても集めのお湯で飲まないようにしましょう。

朝と夜、どっちがオススメなの?

さらに気になるのは『朝と夜、どっちが効果的か』というところ。実は腸内細菌の働きが最も活発になるのが、“夜の10時から夜中の2時”なんです。

逆に朝は胃酸の分泌が非常に強くなっていて、あまりお勧めできません。

つまり、まとめると『夕食後に善玉菌サプリを摂ること』が、善玉菌の力を発揮してくれるベストタイミングになりますよ。

善玉菌サプリを摂ったからといって腸内環境がよくなることはありません

また、『善玉菌サプリを摂り始めたからもう安心!』なんて思って、いつもの生活を続けてしまっていては、腸内環境がよくなることがないんです!

善玉菌サプリだけではなく、『食生活・ストレス・運動・睡眠』の4つにも気を付けるようにしましょう。

食生活の見直しを!腸はあなたの食事にも影響されます

善玉菌サプリを摂ることで、腸内の善玉菌を増やすことはできますが、食べるものがそのままだと意味がない時があるんですよ。

極端な話、毎日ジャンクフードや脂質や糖質が多い食べ物を摂ってしまうと、腸内の悪玉菌が増殖し、善玉菌サプリで善玉菌を増やしても悪玉菌の力が衰えることはありません。

『善玉菌を増やしつつ、悪玉菌を減らしていく』ことが、腸内環境を改善する第一歩。

食生活を見直し、食物繊維を多く含む野菜やビタミンやミネラルが豊富な果物などを、バランスよく摂取して、間食をなるべく避けるようにしましょうね。

ストレスを抱えない!それが腸内環境にとっても良いことなんです

あなたがストレスをあまり感じていない時でも、おなかを下すときがありませんでしたか?実はそれ、腸内はあなたよりも心に敏感で、ストレスを感じやすい場所だからなんです。

腸の働きはストレスと結びついている、副交感神経がコントロールしているため、強いストレスは不調の原因となってしまいます。

そうならないためにも、趣味や自分が好きなことを行うようにして、ストレスをためすぎないようにしましょう。

適度な運動はストレス解消だけではなく、腸内環境にもいい!軽めの運動から行って!

また、運動は血流をよくして、全身へ酸素や栄養を送る体の動きを助けます。さらに言うと、血流と意味ではストレスの緩和にも重要なコト。

ストレスを強く受けると血流が収縮して血液の流れが悪くなり、必要な酸素や栄養が細胞に届かないことが多くなります。

軽めの運動でも十分効果はあるので、毎日続けることが大事です。不規則な生活や加齢によって減ってしまう体力と筋力をなるべく維持し、アップしていきましょう。

実は睡眠も重要なポイントの一つ!忘れないで!

腸内が活発になる『夜22時~夜中の2時』のゴールデンタイム。この時間は消化や吸収よりも排泄にかかわってくる時間なんです。

体内のリズムとして、副交感神経が活発になるタイミングで交感神経を刺激しないように寝ることで、腸の活動が活発になることはもちろん、自律神経のバランスを整えることにもつながります。

ただし食べてすぐ寝てしまうのは、腸の働きを悪くしてしまうので要注意!だいたい夕食を食べてから3時間以上たってから寝るようにしましょうね。

下剤と善玉菌サプリ いったい何がどう違う?

よく聞く話で、

「便秘薬などの下剤と善玉菌サプリはいったい何が違うの?」

ということがあります。
実はこれ、かなり違うんです!

酸化マグネシウムを飲んでいる人って実はヤバイ!?

便秘薬としてお医者さんから処方されることが多い、酸化マグネシウム。便秘に悩んだことがある人は、一度は試したことがあるはず。

酸化マグネシウム便秘薬は、“腸の中に水分を保持して便を柔らかくする働き”があるもので、効果は服用あらおよそ8時間~10時間前後です

量を増やしすぎたり摂取し続けたりすると逆に腹痛や下痢になることもあります。

しかも、高マグネシウム血症による吐き気やめまい、立ち眩みといった軽い症状から、脈性不整脈になるなどの副作用があるんです。

『酸化マグネシウムはヤバイ!』なんてことはありませんが、摂取するときにはお医者さんとの相談が必須になりますよ。

善玉菌サプリで体質改善が便秘解消の一番の近道だった

しかし善玉菌サプリは、長期間の摂取によって、体の仕組みから根本的に変えていくことができるもの。そのため、体質に合わない方はいますが、副作用はほとんどないんです。

しかも酸化マグネシウムも善玉菌サプリも、継続していって初めて効果を発揮します。

つまり、副作用の心配がある酸化マグネシウムよりも、善玉菌サプリの方が安全です。

これを機に、今まで使っていた酸化マグネシウムから、善玉菌サプリに切り替えてみてはいかがですか?

まとめ

歳を重ねるごとに善玉菌が減っていき、腸内環境は悪くなる一方。腸内環境が悪くなると、便秘だけではなく、老化を速めて年齢以上の見た目に早変わり・・・なんてことにはなりたくないですよね。

いつまでも健康で美しい見た目を維持するためにも、善玉菌を増やすことは第一歩。そのため、善玉菌サプリを摂取することはかなりオススメなんです。

善玉菌サプリは今、多くのメーカーから数多くの商品が販売されていて、自分に合ったサプリを選ぶのが難しいと思うはず。

そんなときは、今回紹介した

  • 菌の種類と量
  • 安心性
  • コスパ

の3つは最低限見ておくようにしましょう。

また、今回紹介した善玉菌サプリは、公式ページからの購入が一番最安値です。価格比較を下でも紹介しておくので、気になったサプリから試してみちゃいましょう!

商品名 通常価格 定期価格
ヘルスエイド・ビフィーナS 2,980円 3,084円
乳酸菌革命 2,880円 2,730円
乳酸菌EC-12 1,810円 5,400円(顆粒タイプ)
2,700円(チュアブルタイプ)
善玉菌のチカラ 2,350円(定期二回目から) 1,550円(初回のみ)
森永ビヒダスBB536 3,670円 1,835円
プレミアムスリムビオ 7,980円 1,980円
植物性乳酸菌ラブレ 4,628円 4,062円
ライラック乳酸菌 4,536円 980円
アシドフィルス菌&ビフィズス菌80億 1,843円 なし
ラクテクト 4,600円 4,140円

※初回限定価格を含みます。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら