よく痔になる人は腸内環境を疑おう

[最終更新日]2017.03.03

痔は、意外と自分では気付きにくい病気です。
発見が遅れると慢性的な便秘になったり、最悪、大腸がんになることもあります。早期発見のためにも排便時の出血、痛みなどがある方は、早めの対処を取ることが最適です。

今回は、痔になる原因は何なのか、普段の生活で改善できることはあるかなど、詳しく解説していきます。

痔の根本的な解決策については、こちらを参考になさってください。
>>免疫アップで痔は治る?腸内環境が重要

痔になる原因は?

基本的に「肛門に負担のかかること」が痔の原因となります。

例えば、

  • 長時間座りっぱなしで、肛門に負担がかかる。
  • 頑固な便秘で、排便時に強く力むことにより、肛門が裂ける。
  • 冷え性などにより、血行が悪くなる。
  • アルコールや刺激物の過剰摂取による下痢の繰り返しで、肛門に負担がかかる。
  • 下痢を繰り返して、肛門からばい菌が進入する。

このようなことが痔の原因として挙げられます。

痔の発症や再発を避けたい方は、こちらを参考になさってください。
>>痔の対策は腸内環境改善が一番?免疫アップに腸内環境が大切な理由

痔は、どんな症状がでるのか?

痔は、人によって症状が出ないこともあり、発見しにくい場合もあります。

一般的に痔の中でも一番患者の多い「いぼ痔」の場合、いたみ、かゆみなどの症状はほとんどありません。肛門を閉じる上皮が、閉じずに外側へ出てしまう痔です。

もう一つは、排便時のいきみなどによって校門が裂けることによって起こる切れ痔。こちらは、排便時の出血、痛み、排便後も肛門に違和感があるなどの症状が出ます。

痔の症状を抑えたい方は、こちらを参考になさってください。
>>免疫アップで痔の症状が穏やかになる?腸内環境を改善すべき理由

痔の予防に免疫力強化が期待できる

痔は、腸内環境の免疫力を強化することによって予防ができるのです。免疫力アップにより、肛門周りの粘膜や上皮の改善に効果があります。肛門周りの粘膜が強化されると、排便時の痛みの緩和にも通じます。

また、便秘は、免疫力が低下している方になりやすい傾向にあるようです。結果、免疫力の強化が痔の予防に期待できることがわかります。

免疫力を強化して、痔対策をしようとお考えの方は、こちらを参考になさってください。
>>免疫アップに腸内環境が大切な理由

免疫力強化のために、腸内環境を整えよう

腸内環境を整えることで、痔の予防に大きく力を発揮することが、医学的にも認められています。
便秘や下痢を起こすことは、痔を招きやすいので、腸内環境を整えることにより、腸内細菌のバランスが良くなり、便秘や下痢が改善されるのです。

したがって、正しい排便習慣ができていれば、痔を予防することが可能なのです。排便時に強くいきむこともなくなりますし、下痢によるばい菌の進入なども大幅になくることでしょう。

腸内環境を改善し、痔の予防に心がけましょう。

正しい排便と免疫アップで痔を予防する方法について、こちらで特集しております。
>>一番賢い免疫アップ術は腸内環境改善

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら