直腸性便秘の適切な解消術

[最終更新日]2015.05.07

直腸性便秘をご存知ですか?

一般的に知られている便秘は、腸が何かしら問題を起こしていることで起こりますが、直腸性便秘は、肛門周辺に問題があることで起こりうる便秘なのです。

一度なると、改善が難しく厄介な便秘・・・。

今回は、直腸性便秘の辛い症状をどうしたら改善できるのかを詳しく解説していきます。

直腸性便秘の原因は?

便意を感じても我慢してしまうことの多い方は、直腸性便秘になりやすい傾向にあります。直腸に長い間、便が詰まっていると便の中の水分がどんどん奪われて便が硬くなりスムーズに排便することが困難になります。

その他にも、下剤や浣腸を日常的に使用している方も要注意です。
下剤や浣腸の成分の副作用により、直腸の神経が鈍くなることもあり得ます。直腸の神経が鈍くなると、排便が非常に困難なことになってしまうのです。

直腸性便秘を放っておくな!

たかが便秘と思っている方も多いかと思いますが、直腸性便秘が原因で引き起こす病気があります。

直腸性便秘は慢性化しやすいので、1回かかると完治に時間がかかります。排便することが面倒になり、長い間直腸に便がたまり、排出する時に肛門が裂けて切れ痔を招くこともあります。

激しい腹痛に襲われたり、最悪の場合、直腸がんの原因になることもあり得るのです。
大腸がんの予防は乳酸菌で

直腸性便秘には、どんな食事が適切か?

ご飯(お米)を摂取することが大切です。
ご飯には、水分を含んだまま大腸に至り、便をやわらかくする効果があります。

朝、起きてすぐに冷たい牛乳や水を飲み腸を刺激させると、便意を感じることが多いです。

腸内環境を正常な状態に整えるために、乳酸菌、オリゴ糖を毎日摂取することも重要です。特に、乳酸菌なら植物性乳酸菌が効果的で、漬物や味噌、納豆などがオススメです。

食事以外で、直腸性便秘の適切な解消法は?

基本的に毎朝、時間に余裕を持ち、排便の習慣をつけること。これが1番大事です。
力む際に、肛門を締め付けず、リラックスした気持ちで排便することを心がけましょう。排便しようと、力めば力むほど、肛門周りの筋肉が緊張してしまい肛門が閉じやすくなります。乳酸菌を日常的に摂取してお通じを出やすくさせることも有効な手段の1つです。

また、肛門周りの筋肉、骨盤底筋を鍛えることでも直腸性便秘の改善につながります。骨盤底筋とは、骨盤の底で膀胱や直腸を支えている筋肉です。骨盤底筋が緩むことで肛門が開きやすくなるので、骨盤底筋を鍛える簡単なストレッチを継続して行いましょう。

他にも個人の精神状態によっても大きく変わることがあります。
ストレスが溜まっていると、排便にも影響を与えることになるので、日頃から気をつけましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら