便秘になりがちな人はツボ、ストレッチなどの改善法ではなく腸自体を見直そう

[最終更新日]2015.05.07

多くの女性が抱える悩み、「便秘」。その解消法はいろいろあります。マッサージ、運動、ストレッチ、ツボ押しなどなど、たくさんの改善法が紹介されていますね。たしかにストレッチやツボ押しも効果があるかもしれません、しかし、本質的に便秘体質を改善するには腸自体と向き合うことが大切なのです。

便秘ってどういう状態?

人の消化吸収は24時間サイクルになっています。そのため、正常な人なら24時間に1回排便があります。排便の頻度もそうですが、スッキリ排便できるかどうかも注意しましょう。

毎日排便があっても、便が固かったり残便感があったりしてすっきりしないなら、それも「便秘」です。理想的なうんちはちょっと柔らかいバナナのような形状をしています。健康的なうんちが毎日排便出来るようにするために、腸内環境を見直してみましょう。

腸の中で起こっていること

私たちが食べ物を摂取すると、胃で消化された後、小腸、大腸で身体に必要な栄養や水分が吸収されます。主に栄養素の吸収を担っているのが小腸です。小腸の後、大腸に運ばれる消化後の食べ物は多量に水分を含んでいます。大腸を通過している間にその水分が体内に吸収され、食べかすが便となり肛門近くの直腸へと運ばれます。直腸に便が来ると、脳のセンサーが察知して便意をもよおし体外に排泄されます。

ところが何らかの理由で、大腸の中でスムーズに便が運ばれなくなったり、直腸に便があるのに脳で便意を感じなかったりして、便秘が起こります。便は排泄されずに大腸や直腸にとどまったままなので、どんどん水分が奪われていき、だんだん固い便になります。便が固くなるとますます排泄が困難になるという悪循環に陥るのです。

十分な食物繊維を摂る

便秘の時には、食物繊維を十分に摂れていない可能性があります。食物繊維は消化されにくく、便のもとになるものなので、摂取量が少ないと便が作られにくくなります。食物繊維を多く含む食品としては、野菜、キノコ類、海藻、果物などかあります。それらの食品を積極的に摂るように心がけましょう。特に朝食に食物繊維を含む食品を取り入れると効果的です。

乳酸菌、オリゴ糖で善玉菌を増やす

私たちの腸には、善玉菌と悪玉菌がいてお互い勢力争いをしています。悪玉菌が増えると身体に有害となる物質を作り出し、便秘や下痢などの腸の不調を起こす原因となります。

また、悪玉菌を放っておくとそのほかの深刻な疾病を引き起こすこともあります。乳酸菌やオリゴ糖を摂ることで、腸の善玉菌を増殖させ、腸内環境を整えましょう。

腸の働きを整えることで便秘にさよならしよう

便秘に悩む人はストレッチやツボ押しなどで、改善することもできるでしょう。しかし、それは一時的な効果であり、体質改善にはなりません。便秘体質を改善して、毎日すっきり快便生活を送るなら、食物繊維や乳酸菌などで腸内環境を善玉菌優位にしておくことが必要です。いろいろな便秘改善法と合わせて、腸内環境の改善も継続していきましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら