豆乳の便秘解消効果。その理由とは

[最終更新日]2015.05.07

あなたは便秘に悩まされていますか?
実は日本人は便秘で悩んでいる人がとても多い国なのです。腸が短いということも原因に考えられますが、西洋文化が多く取り入れられるようになってからというもの、便秘は増え続けています。

たとえば平成22年度の国勢調査では男性で約4 人に1人、女性では約2人に1人も便秘に悩まされているといいます。そこでここでは便秘に効果を発揮できるといわれている豆乳の便秘解消効果について考えていきたいと思います。

豆乳とは?

豆乳とは、ゆでた大豆をすりつぶして絞った際に出てくる液体のことで、飲み物として利用されています。多くの場合、液体であることから大豆の栄養素を多く含んでおり、消化・吸収しやすいといわれいます。

大豆が便秘解消につながる理由

ではどうして大豆はどうして便秘に効果を発揮することができるのでしょうか?その理由を調べていきましょう。

①善玉菌を助けるオリゴ糖が含まれている

豆乳には腸内の善玉菌の働きを活発化させるのに役立つとされている、オリゴ糖が含まれています。そもそも善玉菌が腸内で優勢であるのであれば、便秘も起こらないのです。善玉菌は、腸内環境を改善して老廃物を排出しやすい体に作りあげます。そんな善玉菌のエサとなるのがオリゴ糖です。

下記ページではオリゴ糖の作用をより詳しく解説しています。
便秘は乳酸菌だけではなく、オリゴ糖もプラスして相乗効果を

②食物繊維が豊富で腸の蠕動運動を刺激する

豆乳のもとである大豆には、たっぷりの食物繊維が含まれています。食物繊維は腸にとてもいい成分なのです。まず食物繊維が、便の容量を大きくさせ、便をやわらかくさせます。これによって便が出やすくなるのです。また食物繊維は、腸の蠕動運動を刺激して腸が便を体の中ら出そうとしてくれます。そのために便秘になりにくいのです。

③マグネシウムも含まれている

マグネシウムは便秘薬として利用されることもある成分です。マグネシウムは大腸内の水分を集めて、便を柔らかくするという働きがあります。便が出やすい状態に持っていくことができるのです。

副作用に注意しながらも効果のある便秘解消方法

豆乳には便秘解消に効果的な栄養素がかなりギュッと詰まっています。そのために便秘解消のために有効な方法であるといえます。しかしながら効果がありすぎて、腹痛や下痢に悩まされる人もいます。そのために自分に適した量を長期的に摂取していくことが、豆乳を使った便秘解消方法には大事なことであるといえると思います。くれぐれも腹痛を伴って便秘解消とならないようにしてくださいね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら