黒い便の原因と改善策

[最終更新日]2015.05.07

便は健康のバロメーターと言われています。
毎日、食べるものにより便の色や状態も左右されますが、便の色や状態によっては、何らかの病気の早期発見につながることも少なくありません。

今回は、黒い便についての原因、その改善策について詳しく解説してきます。

黒い便の原因は?

黒い便の原因については、いくつかの説が挙げられます。例えば、胃や十二指腸、大腸などが何らかのトラブルを起こしていると、黒い便が出ることがあります。

鉄剤、下痢止めを飲んでいても黒い便の出ることがあります。

他にも、肉食中心の食生活ばかりで便秘がちの方は、腸内の悪玉菌が急増し、胆汁の機能が低下します。胆汁の機能が低下することによって黒い便の出ることがあります。

黒い便によって起こる病気

黒い便が出るときに考えられる病気として、胃炎や胃潰瘍、または胃がん。他にも、胃や十二指腸のポリープ、食道がんなどが潜んでいることも考えられます。

黒い便は、体に何らかの以上があるというサインとなることもあるので、見逃しておいてはいけません。

食事による改善策は?

食事の面においては1日三食、特に朝食をしっかりとり、肉や脂質を控え、野菜、海草、果物、大豆製品を中心にバランスの整った食事をすることや水分を多めに取ることが大切です。食事の際にとる水分は、冷たいものばかりだと腸内の刺激になるので、常温の水がオススメです。

最も大切なことは、1日も早く腸内環境を整えることが大事なので、乳酸菌を摂取することを習慣づけましょう。乳酸菌の中でも効果の高いものは、漬物やみそ、しょうゆ、納豆などの発酵食品がオススメです。食事で摂取しづらい方は、サプリメントでも良いでしょう。

その他にも、香辛料やアルコール類、カフェイン、にんにくなどの香味野菜などは腸への刺激となるので控えましょう。
善玉菌を増やす食品・食べ物一覧

生活面において実践できる改善策は?

黒い便に悩んでいる方は腸の健康を保ち、再発を予防するためには生活習慣の見直しが欠かせません。規則正しい生活習慣をし、適度な運動を心がけることが大事です。

ストレスを溜めない、ゆとりを持って生活する、体を冷やさない、血行を促進させるなどの実践も大切です。一時的な症状なら、食事の見直しや、これらを実践することで改善されることが多いです。

ですが、それでも治らず2週間以上続くようなら何か重大な病気にかかっている可能性が考えられるので、医療機関で治療を受けましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら