小・中学生の子供の便秘。もっとも適切な改善方法とは

[最終更新日]2015.05.07

女性の6割が便秘持ちだと言う報告もありますが、今や便秘は成人女性だけのものではありません。毎日排便をすると答えた小学生はたった4割しかいなかったように、幼児から小中学生の子供の間でも便秘は深刻な問題となっています。この記事では、子どもの便秘を改善する方法を考えてみました。

子どもの便秘に気付いていますか?

子どもが風邪などの病気にかかったら、すぐ気が付いてケアしてあげる親御さんも、子どもの排便に関しては気にしていない人が多いと思います。しかし、小中学生でも便秘や痔で病院に通う人が増えているのです。特に中学生となると多感な時期に入り、排便の問題は母親にもなかなか相談できない子供が多いでしょう。子どもの腸トラブル対策にはどのような方法があるでしょうか。

毎日のトイレ習慣と便意

まずは、朝食を毎日きちんと取ることが大切です。食物繊維が豊富な野菜や、腸内環境を整えてくれる乳酸菌を含むものを取り入れた食事が理想的です。学校へ行く前に排便の時間を習慣づけることも効果的です。便意を感じなくてもトイレに行く習慣をつけるほうが良いのです。

便秘になる原因の一つに便意を我慢してしまうことがあります。小中学生の場合、学校で排便するのが嫌で、我慢してしまう子どもは多いです。普通、直腸にうんちが到達すると、脳が便意を感じます。しかし、何度も我慢していると、脳のセンサーがくるって便意を感じにくくなったり、うんちが直腸で固くなり、出にくくなります。

子どもの過敏性腸症候群

また、腸には異常がないのに便秘と下痢を繰り返す「過敏性腸症候群」も増えています。これは受験などのストレスが原因で自律神経のバランスが乱れ、腸の不調を引き起こすものです。

過敏性症候群の症状があっても、親がこどもが病気だという認識を持たず、「プレッシャーに弱い子だから」とそのままにしてしまう場合もあります。過敏性腸症候群には整腸剤や下痢止めでは治らないことが多いので、心療内科や小児科に相談しましょう。

過敏性腸症候群に関しては下記ページも参考に
過敏性腸症候群は乳酸菌で改善できるのか

生活習慣の改善を

子どもも大人もそうですが、便秘には生活習慣の改善も必要です。
自律神経を整えるために、十分な睡眠をとること、規則正しく食事をとること、生活の中にリラックスできる時間を作ることなどが大切です。特に食事は食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖などを含む食物を積極的にとることで、腸内環境を正常に保ってくれるので、便秘解消に有効です。特に成長期の子供のことですから、出来るだけ薬には頼らずに、健康を維持したいですね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら