アロマなんかで便秘が改善すると思っているの?

[最終更新日]2015.03.28

便秘に効果があるものの中に、アロマが挙げられています。
アロマはいい香りがして気持ちをリラックスさせたり、ゆっくりとした気持ちにさせることのできるリラックス効果があります。しかし実際にアロマが便秘へ直接的な効果をもたらすことがあるのでしょうか?

アロマテラピーとは?

アロマセラピーとは、精油と呼ばれるオイルを用いて香りをかぐことで、精神の安定、ホルモンの分泌促進などを促す治療です。治療とは呼ばれているもののながらアロマテラピーは医療行為・治療行為とはみなされていません。そのために便秘への効果も医学的に実証されているものではありません。

アロマと便秘の関係

便秘の原因として挙げられるのがストレスです。
ストレスがあると体のあらゆるところに異常をきたしてしまいます。体の不調の一つが便秘であるといえます。 製薬会社のアボット ジャパンが行った便秘に関する意識調査(2014年11月11日発表)によると、“便秘が原因で仕事が億劫になった”人の中でストレスを強く受けていると感じた人は便秘のないときは12%であるのに対して、便秘の症状があるときには69%にまで上昇していることが分かったのです。明らかに便秘とストレスには関係があるといえます。

そんなストレスを和らげてくれるとされているのが、アロマテラピーなのです。特に女性はいい香りをかぐことで精神的にいい影響を受けることが分かっています。そのために疲れているとき、ストレスを感じているときなどのアロマセラピーで心をいやすことで、便秘の原因であるストレスから解消しよう!というのが、便秘に対するアロマセラピーの役割と期待される効果といえます。

本当にアロマテラピーで便秘の効果は得られるの?

確かにアロマオイルの中には、腸へいい影響を持っているハーブもあります。たとえばペパーミントには整腸作用があるのです。そのために便秘対策に、ペパーミントハーブティーを摂取する健康法もあります。メントールという“スースー”感じる成分が整腸作用を持っているとのことです。ただし注意が必要で使用するオイルは天然100%ものである精油・エッセンシャルオイルでなければ効果は得られません。

ただしやはりアロマオイルによる便秘解消効果については、まだはっきりとした結果がないのも事実です。オイルを用いたマッサージなどで蠕動運動を促したりしなければ、便秘への作用を感じる可能性は低いと思います。気持ちの問題ともいえるかもしれませんが、運動など便秘解消のための対策を行いながら、アロマなどを使うならば相乗効果としては期待できるものもあるかもしれませんね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら