風邪をひきやすい、アレルギーがひどい。免疫力を上げるために乳酸菌サプリ!

[最終更新日]2016.10.26
sapmen-1

アレルギーで困っている、なんだか最近かぜをひきやすい。これらの症状が起きている方は免疫力が弱くなっているかも・・・。

毎年の悩ましい花粉症、アレルギー性鼻炎、インフルエンザ。これらの病気も免疫がきちんと働いてくれれば予防することができます。

では、どうすれば免疫がきちんと働いてくれるのでしょうか?その答えは乳酸菌に隠れています。乳酸菌と免疫の関係に興味のある方はぜひご覧ください。

日本人の免疫力は低下している!?

sapmen-2

免疫とは人間の体を病気から守るためのシステムです。この免疫の力が弱まると病気になりやすくなってしまいます。

そんな重要な働きをしてくれる免疫ですが、日本人の免疫力が低下していると感じているお医者さんが増えているのをご存知ですか?下のグラフをご覧ください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%bc%ef%bc%91

出典:ゼスブリインターナショナルジャパン
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000005317.html
l
なんと半分以上のお医者さんが、「患者さんの免疫力が弱まっている」と感じています。これは日本人がだんだん病気にかかりやすくなっているということ。

ここで気になるのは免疫力低下の理由、何が原因で免疫力は弱まるのでしょうか。

免疫力低下の原因

免疫力が低下すると起こるのは嫌なことばかり。風邪をひきやすくなる、アレルギー症状が悪化する、肌が荒れるなど。心当たりがある方もいらっしゃるのでは?

これらの症状を引き起こす免疫力低下の原因は何なのでしょうか。

免疫が低下する原因はこれらのものが挙げられます。

  • 加齢
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食生活
  • 運動習慣

これらの原因の中でもストレス社会と言われる現代で最も注目されているのがストレスです。多くの人がストレスによって免疫力が下がっています。

また、年齢を重ねるごとに免疫力は低下してくので、ストレスと加齢のダブルパンチで免疫力が下がっている方も増えています。

病気になったり、病気が長引くのは誰にとってもいやなことですよね。なんとか対策を練りたいところです。

では、どうすれば免疫力をUPできるのか。免疫の仕組みから考えていきましょう。

腸と免疫の深い関わりとは?「免疫の仕組み」

sapmen-3

免疫力を高めるために大切なのが、細菌やウィルスなどの病原体を退治してくれる免疫細胞の活性化です。

この免疫細胞は全体の約6割が腸に生息しています。栄養の吸収という役割を担う腸は病原体の侵入を食い止める最後の器官でもあるのです。

多くのストレスを抱える現代人は、ストレスによる腸内環境の悪化や自律神経の乱れによって免疫力が低下しています。

この状況を改善するため、まず大事なのがストレスケアです。気分転換に自分の好きなことをしたり、ウォーキングなどの運動をするとストレスを軽減できます。

しかし、人間関係や仕事のストレス、家庭でのストレスはなかなか解消するのが難しいものですよね。

免疫力が下がっていると感じているけど、原因を克服するのが難しい・・・。そんなあなたにお勧めなのが乳酸菌です。

免疫を高める!乳酸菌のすごい効果

sapmen-4

「乳酸菌がインフルエンザを予防する」という話が一時期話題になりましたよね。今では乳酸菌は受験生の必需品になっています。

そんな乳酸菌の免疫力向上パワー、理解のカギは「NK活性」です。

NK活性とは?

乳酸菌は免疫細胞の中でも「NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)」を活性化するという研究結果が数多く出ています。

NK細胞とは免疫細胞の中でも独特の特徴を持っています。その特徴は「初期攻撃」と「ほかの細胞の命令なしでも動ける」というものです。

普通の免疫細胞は異物を感知し、その存在を学習、攻撃命令を受け、病原体への攻撃を開始するというステップで働きます。

それに対してNK細胞は異常細胞を攻撃する力を生まれつき持っており、司令官の命令なしで攻撃を開始することができます。

このNK細胞の活性化具合を「NK活性」と言います。「NK活性」が高いと免疫能力が向上し、病気にかかりにくくなります。逆に「NK活性」が低いと免疫力が低いため、病気にかかりやすく、病気が長引きます。

乳酸菌はNK活性を高める!

乳酸菌はNK細胞の働きを促進することで「NK活性」を高めるという研究成果が報告されています。
参考:ヤクルトサイエンスレポートNO.3
(http://www.yakult.co.jp/institute/report/pdf/science_No3.pdf)

しかも、乳酸菌の力は「NK活性」を高めることだけではありません。乳酸菌の腸内環境を整える力によって腸内の悪玉菌が抑制され、他の免疫細胞も働きやすくなるのです。

乳酸菌の免疫力を高める効果、すごいですよね。ぜひ試してみてください。

乳酸菌サプリのメリット・デメリット

sapmen-5

乳酸菌の摂取の仕方は人それぞれですが、代表的なのは「ヨーグルト」、「乳酸菌飲料」、「サプリメント」といったところでしょうか。

今回はこれら3つの乳酸菌アイテムを比較し、それぞれのメリット・デメリットを検証してみたいと思います。

ヨーグルト

価格帯は1日1個(75g)食べる場合、1日あたり26円から。

メリットはコンビニやスーパーで買うことができ、手軽に手に取りやすい点。また、味や乳酸菌の種類も多いので選べる楽しみがありますね。

ヨーグルトは料理やデザートにも活用することができますので飽きがこないのも魅力的です。

デメリットとしては他の2つと比較した場合、コレステロール・飽和脂肪酸の含有量が高く、中性脂肪に代わってしまう恐れが少なからずあります。

また、容器が紙だったり、薄いプラスチックだったりすることから持ち運びがしにくい点もあげられます。

乳酸菌飲料

価格帯は1日1本飲むとして、1日あたり40円から。

乳酸菌飲料のメリットとしてはシンプルな味で飲みやすく、添加物もあまり含まれていないので小さなお子さんでも飲みやすいところです。

また、ヤクルトやヨーグルト系の乳酸菌飲料は宅配サービスなどもあるので、買い忘れをしてしまうなんてことも少なくなり、毎日欠かさずに飲むことができます。

乳酸菌飲料のデメリットとしてあげられるのが、保存温度です。乳酸菌飲料には生きた乳酸菌が入っているので、10℃以下の温度の高い場所では酸味が出るなど風味が落ちます。

また、冷たくして飲むので大量に摂取することでお腹の調子が逆に悪くなってしまうこともあります。

サプリメント

価格帯は1日あたり60円~。

サプリメントのメリットは水で流し込めるため味の好みに関係なく誰でも摂取しやすいところです。

また、他の2つに比べて持ち運びがしやすく旅行中でも欠かさずに摂取できること、生ものではないので保存期間も他の2つより長い点があげられます。同じ理由でネットでの購入も便利です。

デメリットはコンビニやドラッグストアでは目当ての商品を見つけにくい点です。

最近はコンビニやドラッグストアでサプリメントを置いている店も増えましたが、すべての商品が置いているわけではないので、自分の目的に合ったサプリメントを店頭で買うのは難しいでしょう。

結論

今すぐ乳酸菌の摂取を始めようという方には店頭で気軽に買えるヨーグルトや乳酸菌飲料がおススメです。

ただし、商品によってはコレステロールが高いものがあり、かえって健康の妨げになることがあるのでご注意ください。

ヨーグルトや乳酸菌の味が苦手、出先にも持っていき効率的に乳酸菌を摂取したいという方にはサプリメントがおススメです。

様々な商品が発売されているので、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

免疫力を上げるために始めたい。乳酸菌サプリ

sapmen-6

乳酸菌による病気の予防、アレルギー軽減は小さなお子様でも始めやすく、副作用もないため体に優しいです。

風邪をひきやすい、アレルギー症状がひどい方は免疫力が向上すれば、症状が治まるかもしれません。

他にも便秘の解消やがん予防の効果も乳酸菌にはあるので、思い当たる節のある方はぜひとも試してみてください。

ここで一つ注意事項が。乳酸菌の力を最大限に発揮するためには、腸まで生きたまま乳酸菌が届くことが重要です。

ヨーグルトや乳酸菌飲料を買う場合はその点に注意してください。

サプリメントの場合は多くの商品が生きたまま腸に届くよう作られているので、選ぶのがめんどうという方はサプリメントが良いかもしれません。

効率的に場所を選ばずに飲める手軽さが乳酸菌サプリメントの人気の秘密です。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら