実は乳製品は体臭を臭くする?ヨーグルトで乳酸菌を摂るのは逆効果?

[最終更新日]2016.10.19
tainyuu1

「体臭」…なんだかドキッとしてしまう言葉ではないでしょうか?
自分で気づいているのも辛いものがありますが、自分では気が付いていない場合、それを指摘してくれる人ばかりではありませんから、ずっとそのまま…なんてことにもなりかねません。できれば体臭は未然に防ぎたいものですよね。

今回は、体臭のメカニズムや、乳製品と体臭の関係、体臭と腸内環境、そしてちょっと驚きの乳酸菌の働きなどをご紹介してゆきます。

体臭のメカニズム

なぜイヤな臭いになるの?

体臭というのは、皮膚の汗腺(汗を分泌)や皮脂腺(皮脂を分泌)から出された分泌物から生じる臭いのことです。汗も皮脂も、分泌されたばかりですとニオイはありませんが、時間がたつと皮膚にいる雑菌が作用することによってイヤな臭いとなっていくのです。

イヤな臭いはモトから断たなきゃダメ

汗も皮脂も分泌直後は臭いがなく、雑菌のせいで時間とともに臭いが出る・・・それなら皮膚を清潔にさえすればOKと思いますよね、ここが落とし穴なんです。

汗や皮脂は、体の中から出てくるものですから、体臭の予防や改善には体の中からの改善が必要となります。食事や生活習慣の見直しが大切なんですね。

 

体臭と腸内環境

体臭と腸内環境

さてみなさんは、体の健康と腸内環境が深くかかわっていることをご存知でしょうか?腸内環境が悪化すると腸内で悪玉菌が増加してしまい、腸の正常な働きを邪魔して便秘を招いたりするんですね。

腸内の臭いがそのまま体臭に影響!?

便秘になると身体から老廃物が排出されませんから、そこから発生した有害物質が体全体へ回り、肌荒れや体臭の元となってしまうのです。ですから、便秘の方は口臭がきつくなるとか、肌荒れをするなどという話をよく聞くのですね。また便秘ではないけれど、おならが臭い、便が臭い(臭いがきつくなったり、イオウのような臭いがする)こんな状態も、体臭を強くしたりするんです。

体臭改善は腸内環境改善が近道!?

腸内環境を改善するには、腸内に善玉菌を増やせばいいのですが、善玉菌の代表としては、乳酸菌やビフィズス菌がよく知られていますよね。最近は善玉菌のパワーも評判になっていますし、健康のためにもせっせと乳製品を摂り続けている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

乳製品の罠!?

乳製品

確かに乳製品には乳酸菌が含まれています。ところが、見落としがちな事実があるのです・・・

乳酸菌が腸の負担になる?

乳酸菌は腸の働きをよくしてくれますし、便秘の解消にも役立ちます。そんなありがたい乳酸菌ですが、ここで悲しいお知らせがあります。

実は、乳酸菌摂取のために食べている乳製品が腸の負担となって、体臭の元となっているのです!
「え?健康のために食べていたのに…どうして?」そうショックを受ける方もいらっしゃると思います。

本来、乳製品は体に良いとされていますが、乳製品に含まれている脂肪分が問題なのです。脂肪分は腸内に無数にある突起(絨毛)に詰まってしまうことで、腸内腐敗の原因となってしまうのです。

腸内で悪の連鎖を起こしてしまう

腸内で食べ物が腐敗すると、腸内環境が悪化しますね。
そこで発生した有害物質が体臭の要因となるのです。特に日本人は、古来から乳製品を食べる習慣はありませんでしたから、乳製品をきちんと消化できる体を持っていないのだそうです。ですから、我々日本人にとって乳製品は、余計に腸の負担になってしまうのですね。

 

もう食べられないの?乳製品!

乳製品と言えば、ヨーグルト・チーズ・バターなどが挙げられますね。
それを利用して作られたアイスクリーム・ケーキ・ピザ…どれも美味しくて腸内環境には良くないといわれたとしても、ついつい食べたくなってしまいますね。

だけど「腸内環境を悪化させるなんて聞いてしまったら、もう食べられない…」と悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

乳製品はどれもNGなの?

そんなことはありません、乳製品が全部ダメというわけではないのです。思い出してください、乳酸菌が腸内環境の改善に役立っていることはお話しましたね。乳酸菌自体は腸内でよいはたらきをするものですから食べ過ぎて副作用が起きるものではありません。むしろ適度な量であれば、悪玉菌を退治するためにヨーグルトを食べてもいいのです。

やっぱり食べたい!

気を付けなければいけないのは「食べ過ぎ」なのです。
何事も限度がありますよね。美味しい乳製品をたくさん食べたら、野菜もたっぷり食べる。そうすることで、老廃物が排出されやすくなり、体の中から綺麗になり体臭を防ぐことができるのです。

乳製品を食べ過ぎていると感じたら少し控えてみたり、乳製品以外での乳酸菌の摂取(漬物などに含まれる植物性乳酸菌がそうですね)を試してみたりと、ご自分でコントロールしていくことが大切なのですね。

 

乳酸菌サプリ、体臭改善もできる!?

乳製品の摂り方を工夫したり、植物性乳酸菌で乳酸菌は摂取できます。もう一つ、乳酸菌を摂るなら乳酸菌サプリもありますね。この乳酸菌サプリ、驚くことに体臭の改善も期待できるんですよ!サプリメントに抵抗のある方もいらっしゃるでしょうから、乳酸菌サプリの特徴をちょっと見てみましょう。

乳酸菌サプリの特徴

  1. 乳酸菌を補うことに特化している
  2. カロリー、脂質は極わずか
  3. 良質な乳酸菌を一日量として50億から1兆個摂る事が出来る

乳酸菌サプリで体臭改善できるのか

  1. 腸内環境を積極的に、効率よく改善し、効果を早く期待できる
  2. 腸内フローラの状態が良くなり、便通が整い老廃物の排泄が良くなる
  3. 臭いの元となる条件をしっかり改善

 

「乳酸菌サプリで体臭の改善もできるの?」と思った方も、なるほど、と思われたのではありませんか!?余計な物が含まれていない乳酸菌サプリなら、体臭改善にも一役買ってくれるのです。

 

まとめ

腸内をきれいにしてあげれば、臭いの元は消せるわけです。
体臭改善用のサプリは臭いをマスキングしますが、これではゴミ箱に消臭剤を置いた程度の対策です。ゴミ箱のゴミを捨て、ゴミ箱をきれいにする、これが乳酸菌の役目なんです。

ですから乳製品の食べ方、乳製品以外の乳酸菌の摂り方などをご自分でコントロールしたり、乳酸菌サプリを取り入れたりして、腸内環境を改善してゆくことが大切なんですね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら