胃腸からくる口臭改善に。さわやか吐息は内臓から

[最終更新日]2015.03.11

口臭の多くはお口のトラブルからくるものであるといわれています。しかし長く続く口臭、なかなか治らない口臭などは、実はお口ではなく胃腸が問題となっていることも少なくありません。

憧れのさわやか吐息になるためには、内臓の健康をチェックする必要があるかもしれません。

胃の不調

消化能力の低下

胃からくる口臭の主な原因は、これです。
胃の調子が悪いことで起こる消化不良で、胃の中の食べ物が異常発酵・腐敗してしまうのです。

腐った食べ物はアンモニアなどの臭いのあるガスを発生しますが、それと同じことが胃の中で起こってしまいます。胃炎や胃潰瘍などの病気の場合は、早めの治療が口臭解消につながります。

またストレス、食生活の乱れ、飲酒、喫煙など胃の調子を狂わせる行為は避けましょう。胃の調子が悪い時には、胃に優しいものを食べましょう。たとえば野菜と果物のビタミンCが、胃酸による胃荒れを予防してくれます。大豆、ゴボウなどの食物繊維たっぷりの食べ物は消化を促してくれます。

弁の力の低下

胃と口の間にはふたのような役割をする“弁”と呼ばれるものがあります。これによって胃酸や胃の中のものの臭いは、口から出ていくということは通常はありません

。しかし、ストレス・暴飲暴食・喫煙・飲酒などが理由でな逆流性食堂炎などで弁の力が低下することがあります。通常弁の力が弱い=何らかの病気が原因ですので、速やかに病院にて治療を受けましょう。

腸の不調

腸の不調=善玉菌と悪玉菌のバランスの乱れが原因で、排便がスムーズにされなくなります。つまり便が体の中に長くあることによって、腐敗が進み臭いが当然起こるわけです。

この臭いは血液に吸収されてしまいます。血液が汚れた状態になってしまうのです。汚れた血液は体の中を循環していき、肺にたどり着きます。肺から呼吸へと臭いが出て行ってしまうのです。

腸の不調を改善するためには、乳酸菌をたくさん含んだ発酵食品を取り入れるのと同時に、食物繊維やオリゴ糖など、善玉菌がエサとするものを与えて腸内環境を整えることが肝です。

 

意外にも口臭は体の奥からきている可能性もあるのです。体の奥からくる口臭の場合は、しつこいですし、ブレスケアのような一時しのぎのものでは解決に至りません。根本からしっかりと治すことによって、口臭を改善することができます。さわやかな吐息は体が健康であってこそ出るものなのです。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら