銀イオンスプレーで体臭を消しても何の解決にもならない

[最終更新日]2015.03.11

夏が近づいてくると制汗スプレーや消臭スプレーのCMをよく見かけるようになりますね。最近では暖房設備も整っていますから、1年中汗のニオイが気になるなんて方もいらっしゃるかと思います。

ニオイは目には見えないものですから、自分が感じるニオイと他人が感じるニオイの程度の差が分からず不安に思うこともありますね。

制汗スプレーの中には、香りを足したり、汗を一時的に抑えたりする商品も多いものです。
最近では「抗菌」できるものも発売されていますね。菌と臭いってどんな関係があるのでしょうか?

「銀イオン」ってご存知ですか?

抗菌と言えば「銀イオン」をご存知の方はいらっしゃいますか?
銀イオンには殺菌効果があり、脇そして足などの臭いに効果があるといわれています。脇や汗がどうして臭くなるのかというと、汗が皮脂や雑菌と混ざると発酵や分解が進み、その過程で嫌なニオイが発生してしまうからなのです。
ですから、殺菌作用のある銀イオンが体臭予防に効くといわれるわけなのですね。

ただここで注意したいのは、銀イオンはニオイを消すのではありません。ニオイの原因となる雑菌をなくすことで、ニオイを発生させなくするというだけなのです。暑い季節に限らず、いくら体をしっかり洗っても汗は次から次へと出てきてしまいます。

臭いを気にしすぎるのもよくありませんが、できればさわやかな自分でいたいですから、スプレーなどに頼らず体の中から悪臭を断ちたいですよね。

ニオイはどこから?

みなさんは体の臭いはどこから来ていると思いますか?
先ほどお話した「時間が経過した汗」だけでしょうか?いえ、そうではないのです。体から出てくる臭いものと言えば、まずは「便やおなら」が挙げられると思いますが、それは腸で作られています。

腸内環境が整った人の便やおならは「異常に臭い」ということがありません。異常な臭さというのは、腸内に悪玉菌が増加することによって老廃物から生まれた有害物質がもたらしているものなのです。ですから便やおならの臭いだけで、腸がいい状態なのか、そうでないかが分かるのですね。

体臭は腸から!?

さて、その腸内環境ですが、実は体臭にもかかわっています。
悪玉菌が生み出したイヤなニオイの有害物質は、血液に乗って体全体へと回り毛穴や口などの出口から出てきてしまうのです。つまり、腸内環境が悪化すると身体から悪臭がしてしまうということになるのですね。
逆にいえば、便通が整えば、二次的な効果として体臭を減らすことができるというわけなのです。

腸内環境の改善には

体の内側からの臭いは、銀イオンスプレーなどの表面上の対策では解決できません。それには、腸内環境を整えるために善玉菌を摂取することが一番の近道となります。一時的な効果を狙った対策をするのではなく、時間がかかったとしてもしっかりと腸の中から改善していくことで、体臭を予防することができるのです。

ですから、日ごろから食生活に気を配り、乳酸菌などの善玉菌を腸の中で増やしてあげることが大切なのですね。

腸内から体の表面に出てくる臭いを軽減させるためにも、乳酸菌が含まれる食品やサプリメントの摂取をおすすめしたいです。そうすることで、銀イオンスプレーなどの効果も実感できるようになるかもしれません。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら