植物性乳酸菌を摂取するなら

[最終更新日]2015.03.11

「植物性乳酸菌」CMなどでこんな言葉を聞いたことはありますか?
最近は乳酸菌の効果が注目されていますね。乳酸菌の含まれる商品も多いですし「あ、あれがそうかな?」なんて、いくつか頭に浮かぶのではないでしょうか。

植物性乳酸菌は過酷な環境で生存できるため、胃酸などの消化液にも負けず生きて腸まで届く乳酸菌といわれています。腸内環境を改善し免疫力アップにもつながるものですから、できるだけ効果的に摂取したいですよね。

食品で摂る!

植物性乳酸菌は、ぬか漬けなどの漬物や、味噌・醤油といった古くから日本人になじみ深い食品に含まれています。

乳酸菌の一種のラブレ菌は、「すぐき」というカブの一種の漬物から発見された乳酸菌ですが、これは整腸効果に加えインフルエンザを予防する働きもあるといわれ、大変注目されています。

植物性乳酸菌は、食品の風味をよくするだけでなく、健康にも役立つものですからぜひ積極的に摂りたいものです。今のように乳酸菌の効果が分かってないうちから、ずっと伝えられてきたということは、昔の人も「これは健康によさそうだ」なんて気づいていたのかもしれません。昔の人の知恵はありがたいものですね。

ただ、現代の日本人は食生活が変わり和食離れが進んでいて、なかなか毎日摂取するのも難しいのが現状です。毎日同じ漬物を食べるというのも、飽きてしまって難しいですね。忙しい日本人にとって、料理の手間がかかってしまうというのも、和食から離れる原因になっているかもしれません。

サプリメントで摂る

そんなとき、手軽に植物性乳酸菌を摂取できる方法としてサプリメントという方法が挙げられます。
粒タイプだったり粉タイプだったりと、お好みの形を選ぶこともできます。持ち運びやすく、外食先で不足した分を補うためにサプリメントを摂取するなんてこともできますよね。

先ほどのラブレ菌も、乳製品や乳酸飲料だけでなくサプリメントにもなっていますから、食事と併用しながら摂取していくといいかもしれません。少なくとも2週間は継続して、自分に合うサプリメントか様子を見てみるといいでしょう。

「どっちも摂る」でいいんです!

乳酸菌を効果的に働かせるには、一緒にオリゴ糖を摂取するといいといわれています。
オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸の働きを強めてくれます。オリゴ糖は、キャベツ・玉ねぎ・ごぼうなど多くの野菜に含まれています。納豆やみそなどにも入っているのです。

野菜には食物繊維もビタミン類もふくまれていますから、乳酸菌だけの効果ではなく、同時に得られる効果も多くなりますね。

ですから、サプリメントだけに頼らず、和食中心の食事を心がけ、食品からも植物性乳酸菌を摂ることが大切なのですね。それぞれのライフスタイルに合わせて、上手に摂り入れてみてください。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら