植物性乳酸菌を多く含む食品

[最終更新日]2017.07.18

「植物性乳酸菌」と聞いて、それがどんなものか思い浮かぶ方はいらっしゃいますか?
きっと「乳酸菌」といえばヨーグルトというイメージが強く、それが「植物性」といわれてもピンと来ない方の方が多いのではないでしょうか?

最近話題の乳酸菌の効果を最大限に得るために、さっそく「植物性乳酸菌」についてご説明したいと思います!

植物性って何なの?

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作る菌の総称なのですが、実は自然界にたくさん生息しています。
なんと空気中にも、私たちの体の表面にもいるんですね。植物性乳酸菌は、いろいろな植物に生息していて、植物に含まれるブドウ糖などをエサにして発酵を促すことで発酵食品を作っているのです。

乳酸菌が、それぞれ繁殖しやすい条件の食品に付着すると、そこでどんどん増えて食品を発酵させていくというわけなのですね。

植物性乳酸菌は無敵!?

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌の生息する「乳」と違って、栄養素も少なく塩分などの多い過酷な環境に生息しているため、生命力が強く胃酸などの消化液に負けず、生きて腸まで届くといわれています。

特に日本人は腸が長めといわれますから、過酷な環境に強い植物性乳酸菌はとてもありがたいですよね。そんな力強い「植物性乳酸菌」は、一体どんな食品に含まれているのでしょうか?いくつか例を挙げてみますね。

こんなところに!?植物性乳酸菌!

漬物

野菜でできていることから食物繊維も同時に摂れますし、生の状態よりも、かさが減ることでたくさん食べられるという利点がありますね。

ぬか漬け

野菜に含まれる乳酸菌や酵素をぬか床で繁殖させる漬物ですね。ぬか床に乳酸菌をたくさん含む野菜を入れることで乳酸菌が増えて風味をよくしています。

キムチ

1g中に数億個もの乳酸菌が含まれているといわれています。
乳酸菌には塩分に弱い種類もありますが、キムチには唐辛子が入っていて雑菌の繁殖を抑えています。ですから塩分を控えめにすることができ、乳酸菌の量を増やすことが可能になるのです。

調味料

どんな食品とも相性がよく、いろいろな料理の味付けとして使えますから飽きずに摂取できるのが利点ですね。

味噌

味噌は大豆・米などにこうじをまぜて発酵させたものですね。
みそ汁などで加熱して食べることが多いものですが、乳酸菌が死んでしまっても、腸内で生きている乳酸菌を活性化する役割もあるので安心です。

醤油

大豆や小麦が原料となっている醤油ですが、醤油ができるのには乳酸菌や酵母菌などの微生物が大活躍しているんです。乳酸菌が生み出した乳酸が醤油の風味に大きく関わっているなんて、乳酸菌のパワーには驚かせられますね。

積極的に食べよう!

このように植物性乳酸菌は、日本人が昔から食べている食品に含まれることが多いですね。
ですから日本人になじみやすいといわれているのですね。また植物性乳酸菌は、ほかの菌と共存できますから、よい効果を同時に得ることもできます。

どれも簡単に安く手に入るものですし、塩分の取りすぎに注意しながら、積極的に取り入れたいものですね。

 

>>生きて腸まで届かない?動物性乳酸菌のデメリット

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら