【ガセリ菌SP株】内臓脂肪が気になる方必見!【SBT2055株】

[最終更新日]2016.10.25

ガセリ菌ってヨーグルトのパッケージとかにも書いてるしよく耳にするけど、どんな菌なのか想像もつきませんよね。なんか「ガセリ」っていう響きが「カゼ」みたいに思えて少し怖いなって思ったりします。

今回は、そんなまだまだ知られていないガセリ菌SP株についてご紹介します。

SBT2055株(ガセリ菌SP株)とは

名前:SBT2055株
通称:ガセリ菌SP株
属:ラクトバチルス
種:ガセリ

SBT2055株、通称ガセリ菌SP株は雪印メグミルクが発見した動物性乳酸菌です。この乳酸菌は、健康な日本人のおなかに住んでいる乳酸菌で、主に小腸に生息しています。このため、ガセリ菌SP株を使用した商品には、主に大腸っで働くビフィズス菌などと組み合わされたものが多く見られます。

ガセリ菌SP株の”SP”は旧雪印乳業が発見した株という意味で「スノー・プロバイオティクス」の頭文字を表しています。「プロバイオテクス」に「スノー」がつくだけで、なんだかとっても可愛い名前に聞こえますね。

このガセリ菌SP株は世界で初めて「生きて腸にとどまる」ことを試験で証明された乳酸菌なんですよ。すごいと思いませんか?それまでは厳密に定着性を証明されたプロバイオティクスがなかった2001年に世界で初めて科学的に「食べた後、人の腸に生きたまま定着する」ということが証明されました。

試験では、8人の人に1週間ガセリ菌SP株を摂取してもらい、定期的に便を採取して検査しました。すると、摂取後90日が経過しても4人の便の中からガセリ菌SP株が検出されました。

さらに、ガセリ菌SP株を摂取しているあいだは便から腐敗物質が減少する傾向にあり、便通にも改善が見られました。

この実験により、ガセリ菌SP株は腸に長く留まることができると証明され、腸内環境改善に大いに役立つと証明されました。

SBT2055株(ガセリ菌SP株)の効果・効能

関連する効果・効能:便秘予防と解消/免疫力の強化/コレステロール値の低下作用/内臓脂肪の低減

ガセリ菌SP株の一番大きな働きはコレステロール値の低下作用、内臓脂肪の低減です。内臓脂肪が気になる方は読んで実践してみてください。

内臓脂肪の低減

こんな試験がありました。肥満傾向の人に8人に12週間、ガセリ菌SP株が含まれるヨーグルトを摂取してもらいました。この試験結果がこちらです。

内臓脂肪面積 皮下脂肪 ウェスト 体重
平均減少値 4.6% 3.3%  1.8%  1.4%

表のとおり、ガセリ菌SP株を摂取するだけでこれだけ減少しました。この結果に関するはっきりとしたメカニズムはまだ明らかにされていません。しかし、ガセリ菌SP株が腸の働きを活発にさせたことで食べ物の移動が早まり、脂肪や糖分の過剰な吸収を防いだのではないかと考えています。

また、内臓脂肪が少なくなるということは同時にコレステロール値の低減にもつながらいます。

歯周病抑制効果

歯周病とは、歯ぐきや歯を支える歯槽骨への細菌感染によって引き起こされる病気のことです。

この歯周病がガセリ菌SP株で予防できるのではないかと考えた研究者たちがマウスを受かって試験をおこないました。

ガセリ菌SP株を投与したマウスAと、投与しなかったマウスBに歯周病菌を感染させ、歯肉などの状況を観察したところ、ガセリ菌SP株を投与したAグループはガセリ菌SP株を投与しなかったBグループに比べ歯を支える歯槽骨が溶けてしまうなどの歯槽骨吸収や、歯肉組織の炎症などが抑制されたとの結果が報告されています。

ガセリ菌SP株はまだまだ研究されており、ここに記載したもの以上の効果がたくさんあります。たとえば、「発がんリスクを低減させる効果」や老化の原因になると言われている「悪玉菌クロストリジウムの低減効果」など様々です。

しかし、まだまだ研究中ということでここへの詳しい記載は控えておりますが、ガセリ菌SP株にはまだまだたくさんのことが期待できそうです。

SBT2055株(ガセリ菌SP株)が摂取できる商品

ガセリ菌SP株はメグミルクが発見した菌なので、当然メグミルクの商品が多いです。例えば「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト」「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ」などがあります。

また、カルピスからも「ガセリ菌」とつく名前の乳酸菌サプリメントがありますが、こちらは「ガセリ菌SP株」ではありません。「ガセリ菌」と一口に言ってもさまざまな種類があるので効果・効能もそれぞれです。お買い求めの際はご注意くださいね。

30秒でわかるSBT2055株(ガセリ菌SP株)のまとめ

SBT2055株はラクトバチルス属ガセリ種の動物性乳酸菌で通称「ガセリ菌SP株」と呼ばれています。この乳酸菌は旧雪印乳業が発見した株で、雪印が発見したという意味を込めて「スノー・プロバイオティクス」と呼び、その頭文字の”SP”を名前に付けました。

また、この菌は2001年に世界で初めて科学的に「食べた後、人の腸に生きたまま定着する菌」と証明されました。

このガセリ菌SP株の主な効果・効能は、便秘の予防・解消、免疫力強化、コレステロール値の低下作用、内臓脂肪の低減です。しかし、この菌はまだまだ研究され他にも様々な効果があると確認されています。

このガセリ菌SP株を摂取できる商品としては、メグミルクから発売されている「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト」「恵 ガセリ菌SP株ヨーグルトドリンクタイプ」などがあります。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら