インフルエンザ予防には植物性乳酸菌で!毎年かかる人注目!

[最終更新日]2015.04.10

乳酸菌と言えば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品を思い浮かべる人が多いでしょう。でも、実は乳酸菌には「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」とがあります。「植物性乳酸菌」は、野菜や豆などの植物素材を発酵させる乳酸菌で、私たち日本人にとっては、味噌や酒など、とてもなじみのある乳酸菌でもあります。

その「植物性乳酸菌」に、インフルエンザを予防する効果があることが最近分かってきました。

京都の漬物由来の乳酸菌「ラブレ菌」

京都の男性は全国2位の長寿を誇っているそうです。
これに注目したルイ・パストゥール医学研究センターの岸田博士は、京都の人が好む漬物について調査を始めました。そして、発見された菌が「ラブレ菌」という乳酸菌でした。

植物性乳酸菌って何?

植物性乳酸菌は、私たち日本人にとってなじみの深い、味噌や漬物、酒などの発酵食品に含まれています。一方で、乳製品などに含まれるものは「動物性乳酸菌」と呼んで区別されます。

動物性乳酸菌は、乳に含まれている乳糖をえさにして繁殖します。それに対して植物性乳酸菌は、野菜や大豆に含まれるブドウ糖、果糖、ショ糖などをえさにしています。

植物性乳酸菌も、動物性乳酸菌と同様整腸効果があります。しかし、植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌に比べて強く、胃酸などにも溶けにくく、生きて腸まで届く確率が高いのではないかと言われています。

ラブレ菌の効能

ラブレ菌が身体にもたらす影響は大きく分けると次の3つがあります。

1.腸内環境の改善

植物性乳酸菌の一種であるラブレ菌も、胃酸に強く、生きて腸まで届く乳酸菌のひとつです。腸内に届いたラブレ菌は悪玉菌の増殖を抑え、腸内を善玉菌優位の状態にする働きがあります。

2.コレステロール値を低下させる

ラブレ菌にはコレステロール値を下げる効果が期待できます。それによって、動脈硬化を予防することができます。

3.免疫力の向上

ラブレ菌には体内のインターフェロンを増加させるという研究が報告されています。インターフェロンというのはたんぱく質の一種で、それ自身、体内でウイルスやがん細胞が増殖するのを抑止してくれる働きを持ちます。

さらに、私たちの身体にある免疫細胞の代表的なものにナチュラルキラー細胞があります。インターフェロンはこのナチュラルキラー細胞を活性化する作用もあります。

ラブレ菌とインフルエンザ

実際に、日本で行われた実験で、ラブレ菌のインフルエンザ予防効果が確認されています。小学校の児童1783名を2つのグループに分け、片方のグループにラブレ菌を継続的に摂取させたものです。

その結果、ラブレ菌を摂取しなかった児童がインフルエンザにかかった率は23.9%だったのに対して、ラブレ菌を摂取した児童のグループは15.7%と、8.2%も低かったのです。

まとめ

植物性乳酸菌は、このインフルエンザの実験結果もあって、近年ますます注目されています。インフルエンザに毎年かかる人は、その体質的改善のためにも植物性乳酸菌を積極的に摂ってみるのがよいかもしれませんね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら