動物性乳酸菌ってなに?なにに良いの?

[最終更新日]2015.03.11

「乳酸菌」と聞いて真っ先に思い浮かぶものって何でしょうか?
「乳」というだけあって、乳製品を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか?でも実は100種類以上もある乳酸菌が「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌に」分けられることからも分かるように、乳酸菌の「乳」は、乳製品の「乳」ではないんですね。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌は、その菌がどこに生息していたか、何をエサにしているかなどで分けられているのです。

乳酸菌と言えばヨーグルトでしょ?

動物性乳酸菌は、みなさんのイメージ通りヨーグルトなどの乳製品のなかに含まれています。
動物の乳の中で、乳糖を分解して乳酸を生み出しています。そうして乳のpH(この数値が高いのがアルカリ性、低いのが酸性なんですね)を下げて雑菌が増えるのを防ぐ働きもしているのです。

また「鮒寿司」や「くさや」といった、発酵食品にも動物性乳酸菌は含まれています。
乳酸菌の一種の「くさや菌」が魚のたんぱく質や脂質を分解しているのです。くさやで有名な地域では、くさやを付ける汁を、おなかの調子が悪い時に飲んで整腸剤の代わりにしていたというくらいですから乳酸菌のパワーがうかがえますね。

動物性乳酸菌に秘められたパワー!

動物性乳酸菌には、便秘を予防したり改善するといった整腸効果、免疫力アップなどの働きがありますが、いくつか例を挙げてみてみましょう。

ガゼリ菌sp株

日本人の腸内から発見された乳酸菌で、消化液にも強く腸内環境の改善の他にもメタボ対策やストレス軽減効果もあるといわれています。

LB81乳酸菌

ブルガリア菌とサーモフィラス菌と合わせた乳酸菌で、美肌効果が高いといわれています。

LG21乳酸菌

胃潰瘍や胃がんを引き起こす要因とされる「ピロリ菌」の活動を抑える効果があるといわれています。日本人にはピロリ菌の感染者が多いといわれますからありがたい乳酸菌ですね。

私に効く乳酸菌は?

動物性乳酸菌にも植物性乳酸菌にも、それぞれに独自の働きがあります。
どちらかだけを摂取すればいいというものではありません。一方だけでなく、その両方を摂ることで得られる相乗効果もあるのです。

私たちの腸内には100兆個もの腸内細菌が存在していますが、その種類は人によって違うといわれ、自分の腸内に住む細菌でないといくら摂取しても定着しづらいのだそうです。

近ごろでは乳酸菌の研究が進んだことで、それぞれの乳酸菌の得意分野が明らかになってきました。食品やサプリメントで製品化された乳酸菌も多いですから、いろいろ試してみることで自分に合う乳酸菌を探してみるといいですね。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら