昔の自分に戻れる?腸の体操で腸内環境の改善

[最終更新日]2015.02.10

「腸の若さを保つことで、若々しい自分を取り戻せる」としたら…?
そんな魔法のような方法があるでしょうか?こたえは…「ある」なんです!

腸は、消化吸収をする働きだけでなく、免疫力も上げ健康状態を保つこともできる器官なんです。その十分な働きを引き出すには、腸内環境を整えることが必須なのですが、腸内環境を整えるには、腸の中でよい働きをする「善玉菌」を増やせばいいのです。

そのためには、善玉菌の代表格である「乳酸菌」を摂取することが有効であることはよく知られています。

腸のぜん動運動

腸の働きの中に「ぜんどう運動」というものがあります。
ぜんどう運動とは、腸が伸縮を繰り返すことで消化物を肛門へ移動させる動きのことです。この働きがスムーズにいくと便秘の予防になるのですね。

ぜんどう運動には、乳酸菌などの善玉菌が欠かせません。腸内で乳酸を作り出し、腸内を酸性に傾ける乳酸菌。腸内が酸性になると腸が刺激を受け、自律神経へつたわり、腸のぜんどう運動が起こるのです。ぜんどう運動を活発にさせるには乳酸菌を積極的に摂取することが大切なのですね。

腸を運動させよう!

さらに、乳酸菌のほかにも簡単にできる方法がいくつかあります。
そのひとつは、腸の運動です。「内臓である腸を運動させるなんてできるの?」そう思う方もいらっしゃいますよね。

腸内環境というのは、善玉菌と悪玉菌のバランスで決まりますから、善玉菌を増やすために、乳酸菌などの善玉菌の摂取が一番効果的なのは確かです。実際に腸を直接マッサージしたり、腸内環境をととのえる体操というものはありません。しかし、体操することによって代謝を活発化させ、腸の働きを高め、結果的に腸内環境の改善につなげることはできるのです。

どんな運動が効果的?

それではどんな運動やマッサージが腸に効果的なのでしょうか?スポーツジムに行ったり、マラソンをすることでしょうか?いえ、もっと手軽に行えるものなんですよ。

軽く腸に刺激を与えて、動きを活発化させることが目的なので、腰回りを意識して体をひねったり、ラジオ体操なども効果的なのです。これならできそうな気がしますよね。

一時的に激しい運動をするより、このような運動を毎日継続することが大切です。そうすると、腸に刺激が与えられて、スムーズな排便が期待できます。

運動することによってお通じもよくなる

腸に滞った便は、毒素を出して身体に疲れを残したり、免疫力を下げるといわれています。
ですから、スムーズな排便が健康へ直結するのです。つまり、腸を動かす体操は、腸内環境の改善へつながるのですね。
まとめると、健康で若々しい身体は腸の若さを保つことから生まれること。
それには腸内環境を整えることが大切で、乳酸菌などの善玉菌の摂取、そして外側からも腸を動かすために、体操を継続して行い、腸へ刺激を与えることが大切だといえるでしょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら