老廃物を撃退!乳酸菌は女性の味方

[最終更新日]2015.05.06

最近話題の「デトックス」。
デトックスとは、本来「毒性作用や毒物を排除するもの」という意味ですが、巷では「体の中にたまった毒素を排出する」という意味で使われることが多いようです。

ところでこの「毒素」ってどういうものなのでしょうか?

毒素にも種類がある

毒素というのは、身体に悪さをするものですが、これは大きく2つに分けられます。

①体外毒素

食べ物などと共に外部から体に入ってきた有害金属のことです。食品添加物や排気ガスに含まれる物質がその例ですね。

②体内毒素

身体の中の代謝によって生まれた老廃物。便や尿や汗などで排出されます。

デトックスは古来から伝わるものだった?

デトックスは、最近はエステサロンや岩盤浴などでも流行していますし、比較的新しい健康法のような印象を受けますね。

でも実は、デトックスと同じような考え方は、インドのアーユルヴェーダや古代エジプト発祥のアロマテラピーなどとして、古来から伝わるのだそうです。「健康のために、身体に余分なものをためない」という考えは昔からあるのですね。

腸から出す!

私たちの身体の不要な老廃物の70%が、腸から排出されるといわれています。
つまり、ほとんどが便として出されるというわけですね。便をスムーズに出すことができれば、身体のほとんどの老廃物を排出できるということです。

便秘は予防!

腸に老廃物が滞ると、排便のリズムも狂い、老廃物からは有害物質が生まれます。
その有害物質は血液の質を悪くし、肌にダメージを与えたり、脂肪細胞にたまることで肥満を引き起こしたりもします。便秘は立派な体調不良です。健康を保つには便秘を予防することが大切です。

便秘の予防には、腰をひねるなどの腸を外側から刺激する運動や、水分補給なども効果的ですが、根本的に解決をするには、腸内環境を整えることが一番の近道です。

便秘に関しては下記ページを参考に
便秘の改善

あなたの腸内環境、いかがですか?

腸内環境が整っているかどうかは自分でチェックすることもできます。
それは、便秘や下痢をしていないか、便の形や色はどうか、便やおならの臭いはきつくないか、などを意識することで簡単に知ることができます。自分の腸に関心を持つことが、腸内環境を整える第一歩となるのですね。

より良い腸内環境を保つためには

では、望ましい腸内環境を保つにはどうしたらいいのでしょうか?
腸の中には100兆個の細菌が存在していて、私たちが食べた物の栄養分を利用し、善玉菌や悪玉菌などの数のバランスを保ちながら生活しています。

悪玉菌は腸内環境が乱れるとどんどん増殖してしまいます。
腸内細菌は、数が一定に保たれているといわれますので、悪玉菌の勢力を抑えるには、善玉菌を増やせばいいのですね。

善玉菌を増やすには乳酸菌を

善玉菌として働く細菌の中で「乳酸菌」という細菌の名前は、よく知られていますね。
乳酸菌はブドウ糖を分解して乳酸を生み出します。この乳酸が、腸が便を押し出す動き(ぜんどう運動)を高める働きをするのです。つまり、乳酸菌を摂取して善玉菌を増やせば、老廃物がスムーズに排出されるというわけなんですね。

便秘予防には植物性乳酸菌?

味噌や漬物などの発酵食品に含まれる植物性乳酸菌は、胃や腸で死滅せずに腸の奥まで届いてくれますので、特に便通改善に効果があります。日本で生まれた乳酸菌として話題になった「ラブレ菌」は、生きた球腸に届き、便通をよくするほかにも、ガンやエイズなども予防する効果があるといわれています。

便秘を予防するためにも、長く健康でいるためにも、ご自分に合う乳酸菌を探してみることをおすすめします。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら