ニキビが出やすい人って腸内環境が悪い人がほとんど

[最終更新日]2015.05.06

ニキビで悩んでいる人のほとんどは腸内環境が悪いと言います。それはなぜなのでしょうか。一見何の関係もないように見える肌と腸にどのようなかかわりがあるのかまとめてみました。

腸内にすむ細菌

私たちの腸には、500~1000兆個の腸内細菌が住んでいると言われています。その中には善玉菌と悪玉菌、そしてそのどちらでもない日和見菌と呼ばれる菌がいます。善玉菌は私たちの身体にとって良い働きをしてくれる菌ですが、悪玉菌は身体にとって悪影響を及ぼすものです。日和見菌は、善玉菌優位の状態では、善玉菌と同じように働きますが、悪玉菌が優勢になると、悪玉菌のように悪さをし始めます。

腸に悪玉菌が増えることが肌荒れの原因に

腸内に悪玉菌が増殖すると、毒素を生成します。その毒素は腸の壁から血液中へ吸収され、私たちの身体全体に蔓延することになります。その毒素が肌のバリア機能を弱め、ニキビなどの肌トラブルを引き起こすのです。

ニキビが出来やすい人は腸内環境に問題が

ニキビが出来やすい人は、腸内環境を整えることを考えてみましょう。腸の働きが正常でない状態では身体の代謝機能や免疫機能も低下することが分かっています。毛穴に余分な皮脂がつまり、そこにアクネ菌が繁殖してできるのがニキビです。肌のターンオーバーを向上させ、免疫機能を高めることで、肌の保護機能を高めることができるのです。

腸内環境を整えるためには

腸内環境を整えるために有効として注目されているのが、乳酸菌やオリゴ糖です。これらの成分を含む食品を積極的に摂ることで、腸を元気にし、肌の調子をよくする効果が期待できます。

乳酸菌を含む食品とは

乳酸菌は、ヨーグルトをはじめとする乳製品に多く含まれています。最近では、日本古来の漬物やキムチなどの発酵食品にも含まれることが分かってきました。これらの食品をうまく毎日の食生活に取り入れて、腸の調子を整えましょう。

善玉菌を増やす食品一覧 おすすめレシピ

効果的な乳酸菌の取り方

一般の乳製品に含まれる乳酸菌は、その消化の過程で死滅していまうため、ほとんどが腸まで生きて届きません。ですから、ニキビ対策に乳酸菌を摂取するなら、生きて腸まで届く乳酸菌配合をうたっている製品を選ぶようにしましょう。乳酸菌は胃酸に弱いので、胃が空っぽの時に摂ることは避けたほうが良いです。食前や食間に摂るよりは食後に摂取するようにします。

また、腸内で善玉菌が生成される際に必要となるオリゴ糖を同時に摂ると相乗効果が期待できます。乳酸菌は腸内に長くとどまっていることができません。そのため、毎日補充することが必要です。毎日乳酸菌を含む食品を取るのは難しいと感じる人には、乳酸菌配合のサプリメントも販売されていますので、それらを利用するのも良い方法です。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら