善玉菌はお肌の味方!老けの原因は腸?

[最終更新日]2015.03.11

私たちの腸内には多くの細菌が生きているのですが、その種類は300ほどで全体の数は約100兆個とも言われています。その細菌は、主に善玉菌、悪玉菌、日和見菌(環境に合わせて変化する菌)がおり、それぞれ2:1:7のバランスが一番いいとされています。

善玉菌と悪玉菌

善玉菌とは、人間にとっていい働きをする菌のことで、乳酸菌、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、ラブレ菌などが含まれます。そして悪玉菌は逆に体に悪い影響を及ぼす菌のことで、大腸菌やウェルシュ菌、ブドウ球菌、プロテウスなどがあります。

大腸菌はいい働きもするのですが、分類としては悪玉菌に含まれます。
食べ物や生活環境、ストレスなどによりその細菌のバランスが崩れると悪玉菌が増えてしまい腸内環境が崩れてしまいます。

悪玉菌の怖さ

悪玉菌は人間に害のある有害物質や有毒ガスを出すのですが、その悪玉菌が増えることにより、腸のぜん動運動がうまくいかず排便が妨げられて、便秘になったりあるいは下痢になったりします。こうして腸内に硫化水素、スカトール、インドール、メタン、アンモニアなどの有毒な毒素が充満してしまうのです。

この毒素はマウスに注入すると即死してしまうほどの威力です。
そういった毒素に対抗しようと活性酸素が発生するのですが、活性酸素は諸刃の剣で腸そのものをいためてしまいます。

また腸内に充満した毒素が排出しきれないと、全身へと移動していき肝臓や腎臓で解毒処理や排泄処理を行うのですが各臓器で活性酵素が発生するので、これまた臓器を痛めてしまう原因となります。最終的に処理し切れなかった毒素や老廃物が肌へと向かってしまうのです。

肌への影響

肌から毒素を排出する際には、皮脂と一緒に毒素を出そうとするのですが毒素の影響により毛穴が傷つき皮脂詰まりを起こしやすくなり、ニキビの原因となってしまいます。

また毒素の刺激がメラノサイトに伝達し、メラミンの大量発生を促しシミができてしまうのです。皮脂というのは本来肌を守るベールのような役割を果たしますが、毒素を含んでいるため逆に肌を痛めてしまうこともあります。

 

このように腸内の悪玉菌が増えることで、連鎖的に肌にまで影響が出てしまうのですね。
そうならないためにも腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすようにしなければなりません。善玉菌を増やすのに一番いいのは乳酸菌を含む食品を摂取することです。ヨーグルトや漬物などの発酵食品を積極的に食べて美肌を目指しましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら