化粧品よりも乳酸菌!まずは内側から改善

[最終更新日]2015.02.10

「美肌は1日にしてならず」という言葉を耳にしたことはありますか?
これは、美しい肌を手に入れるには時間も手間暇もかかるという意味ですが、もしかすると「朝起きて顔を洗ってお化粧が完了したら、ステキ女子に変身!」と思っている方は多いのではないのでしょうか。

確かにお化粧が上手だったり、自分に似合うお化粧の仕方を知っていると「なりたい自分」になれた気がしますよね。でもそんな「お化粧したとき限定」の美しさではなく、身体の内側から綺麗になる方法があるのです。それは一体どうすればいいのかというと「腸を美しく保てばいい」のです。

「腸を美しく保つってどういこと?」そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

美肌は瞬間芸ではないのです

まず美肌がどのようにしてつくられるかお話しますね。
私たち人間の肌の細胞は、外からの刺激で作られるのではありません。私たちが食べたり飲んだりしたものの栄養素が、腸からきちんと吸収されることによって作られるのです。

皮膚細胞の表面の表皮が、生まれてから垢となってはがれる周期を「ターンオーバー」と言いますが、実はその周期は、遅くても早くてもいけないのです。部位によっても異なりますが、お肌はだいたい28日周期でターンオーバーを繰り返しているといわれます。

しかし、加齢とともにターンオーバーにかかる日数は長くなります。そうすると、皮膚の老廃物で長くおおわれていることになるので、それが、シミが増えたり肌がくすんだりするトラブルへつながってしまうのですね。

また、早すぎるとどうなるかというと、肌の細胞がきちんと成長できないので、肌の保湿成分が少なくなり、敏感肌や乾燥肌を引き起こしてしまうのです。つまり美肌を作るには、肌のターンオーバーを整えることが大切なんですね。

ターンオーバーの救世主

では、どのようにしてターンオーバーを整えたらいいのでしょうか?
それにはインナーケアが大切なんです。インナーケアとは、食べ物やサプリメントで必要な栄養素を摂取することで内側から身体を整えることです。そしてそれには、栄養素を吸収している「腸」が深くかかわっているのです。美肌は腸が作っているといってもいいでしょう。

腸内環境を整えよう

腸を美しく保つというのは、腸内環境を整えるということです。
腸内には100兆個もの細菌が住んでいますが、善玉菌と呼ばれる消化吸収を促進し、免疫力も高めてくれる細菌、それを増やすことが腸内環境をよくするには大切なことなんです。

乳酸菌のすすめ

乳酸菌に代表される善玉菌を摂取すれば、腸内で善玉菌が増えますから、腸内環境が整うことによって便秘も解消しますし、腸からしっかり吸収された栄養が美肌を作ってくれるのです。お肌を美しく保つには、化粧品で隠すのではなく腸内環境を整えることが大切なのですね。

たとえばN-1乳酸菌は、胃酸に強いため胃や腸でも増殖できます。
生きたまま腸に届き、善玉菌を増やすのです。そのため腸内環境の改善効果も高く、美容にも効果があるといわれています。

日常的に乳酸菌などの善玉菌をといれることで腸内環境を整え、加齢にも負けない内側からの美肌を作りましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら