乳酸菌の驚くべき保湿向上効果

[最終更新日]2015.05.06

季節を問わず、乾燥肌に悩まされている方も多いですよね。
加齢によってお肌の水分含有率が下がると、小じわの原因にもなってしまいます。年齢を重ねても、しっとりしたお肌を保ちたいですよね。

では潤いのあるお肌を保つには、どうしたらいいのでしょうか?そんな時に強い味方となってくれるのが「乳酸菌」なんです。

どう働くの?乳酸菌!

乳酸菌は、ヨーグルトやキムチなどの発酵食品に含まれている細菌です。乳酸菌と言えば「整腸効果」を思い浮かべる方も多いと思います。そのメカニズムを簡単にお話しますね。

乳酸菌が整腸効果をもたらす理由

人の腸内には100兆個もの細菌が存在しています。
その細菌は、働きによって善玉菌・悪玉菌などと分けられています。その細菌のバランスのことを「腸内環境」というのですが、善玉菌が増えると悪玉菌が減り、善玉菌が減ると悪玉菌が増えるという仕組みになっているのです。

善玉菌が増えるのは腸内が酸性であるときです。
乳酸菌は糖類を分解することで乳酸を作り、腸内を酸性に傾けます。するとその刺激で腸の働きが活発化して、排便を促すのです。

腸内環境が整えばどういった効果がある?

腸内環境が整えば、老廃物がたまりませんから、肌トラブルを引き起こす有害物質も生まれません。肌をしっとり美しい状態にしてくれるのです。

ですから、善玉菌である乳酸菌を摂取することが腸内環境が整え、それが巡り巡って、乾燥肌などの肌トラブルから守ってくれるというわけなのです。

食べるだけじゃない!乳酸菌の力!

さて、整腸効果を通して美肌を作ってくれる乳酸菌は、食べ物または飲み物で摂取するイメージが強いかと思いますが、実は肌に塗ることもできるということはご存知でしょうか?

クレオパトラもご愛用?

クレオパトラが愛用したことで有名な「牛乳風呂」ですが、それは牛乳そのものに入っていたのではなく、気候や衛生状態を考えると、発酵した「ヨーグルト風呂」だったようです。絶世の美女と呼ばれるクレオパトラの美肌が、牛乳風呂から得られたものだとしたら、乳酸菌の効果は古代から認められたものだったと言えますね。

その力が実証されて、最近では、乳酸菌を配合した化粧品も多くあります。

乳酸菌は、腸内環境を整えることで内側から潤った美肌をつくり、また、肌に直接塗ることで外側から保湿する効果もあるのです。乳酸菌は私たちにとって良いことづくめだといえますね。

保湿向上効果のある乳酸菌

保湿力を向上させる乳酸菌の例としては、SBL88乳酸菌が挙げられます。
SBL88乳酸菌は大麦由来の植物性乳酸菌なのですが、他の乳酸菌よりも耐性が強く、生きて腸まで届きます。腸でしっかり働いてくれるのですね。

腸内環境を整え、保湿効果も向上できるなんて、とてもありがたい乳酸菌ですよね。ぜひとも、積極的に取り入れたいものです。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら