ヨーグルトパックはお肌に良いって本当?

[最終更新日]2017.07.18

乳酸菌を豊富に含むヨーグルトは健康食品として優等生的存在です。でも、食べるだけではなく、顔に塗ってヨーグルトパックができるのはご存知でしょうか。ヨーグルトパックのやり方と効果をご紹介します。

ヨーグルトが肌にいい理由

ヨーグルトと言えば乳酸菌ですが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、肌を保湿する効果があります。また、亜鉛にはニキビの原因となるアクネ菌を撃退してくれるので、ニキビ対策にも効果的なのです。さらに、ヨーグルトにはフルーツ酸が含まれていて、フルーツ酸は古くなった角質を取り除く作用があります。ヨーグルトに多く含まれる乳清は成分が肌に近く、保湿効果を高めてくれるのです。

ヨーグルトパックのやり方

基本のヨーグルトパックは、プレーンヨーグルト大さじ1~2に、小麦粉を大さじ大盛り1杯程度加えます。そこにオリーブオイルを1滴落としてよく混ぜればできあがりです。

これを眉を除いた顔全体にぬり、10分ほどしたら、タオルやティッシュで軽く拭き取って水ですすいでください。パックの後は化粧水や乳液で保湿ケアをします。

ヨーグルトパックがもたらす美肌効果

ヨーグルトパックがお肌にもたらす効果は次のようなことが挙げられます。

1.ニキビ対策

ヨーグルトに含まれる亜鉛が、ニキビの予防や改善に役立ちます。ニキビスポットに軽く塗るだけでも効果が出てきます。また、ビタミンB群は肌の新陳代謝を促し、ニキビの発生を抑えてくれます。

ニキビの原因は腸にあった?あなたのニキビが減らない理由
ニキビが出やすい人って腸内環境が悪い人がほとんど

2.毛穴の角栓、黒ずみ

ヨーグルトに含まれるたんぱく質が、毛穴の中の汚れを吸着してくれます。ヨーグルトパックを鼻の頭にのせて、くるくるやさしくマッサージします。おだやかなスクラブ効果があるので、角栓が取れてくるのが分かります。

3.保湿効果

保湿効果のあるヨーグルトに、オリーブオイルをくわえてさらに保湿効果を高めることができます。オリーブオイルの代わりにハチミツを使っても同じような効果が得られます。

乳酸菌の驚くべき保湿向上効果
乾燥肌を改善?乳酸菌の美容効果

ヨーグルトパックを行う時の注意

このようにお肌にいいことずくしのヨーグルトパックですが、マイルドなピーリング効果があります。そのため、毎日のパックは避けたほうがよいでしょう。1週間に1度程度が適当です。また、ヨーグルトは長期保存ができないので、1回ごとに作り、使い切るようにします。

まとめ

手軽にできて、お金もそれほどかかりません。身体にもお肌にも良い、ヨーグルト。食べるだけではなく、パックもぜひ一度試してみてくださいね。

 

>>過敏性腸症候群は乳酸菌で改善できるのか

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら