老化に終止符!腸の抗老化(アンチエイジング)で昔の自分に

[最終更新日]2017.07.18

「いつまでも健康で若々しくいたい」そんな願いを持つのは、誰しも同じですね。生き物がだんだん年を取っていくのは当然のことですが、できればそのスピードを遅くしたいものです。

しかし時間は止まりません。私たちにはどうすることもできないのでしょうか?いえ、実は老化を食い止める方法があるのです。

アンチエイジングの秘訣は腸にあり

みなさんは「抗老化医学」という言葉を聞いたことはありますか?
抗老化医学とは、老化を防止するために行う行為の総称です。もしかしたら化粧品のCMなどで耳にする「アンチエイジング」という言葉の方がなじみ深いかもしれません。

アンチエイジングとは

アンチエイジングとは、老化の原因を抑えることによって、身体の老化を予防または改善することをいいます。「若さを保ちたい」「若返りたい」それをかなえてくれるのが、アンチエイジングなのです。

でも、具体的には何をすればいいのでしょうか?

腸のアンチエイジング

ここでおすすめしたいのは「腸からのアンチエイジング」です。
それはなぜかというと、「腸の若さが身体の若さにつながるから」なんですね。腸は健康には関わっているとは知っていても、若さとは関係のないように感じている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、腸と若さには密接なかかわりがあるのです。

ターンオーバーのカギを握るのは

私たち人間は、たくさんの細胞が集まってできていますが、その細胞が若々しくあれば、身体も若さを保っていられますね。人間の皮膚細胞が一定のサイクルで生まれかわることを「ターンオーバー」と言いますが、そのターンオーバーを支えているのが「善玉菌」と呼ばれる、腸内に存在する細菌なんです。

善玉菌の作用

善玉菌を腸内に増やすことで腸内環境が整うと、排便がスムーズに行われるようになり、そうなると、老廃物がたまらないので悪玉菌も増えませんし、腸内に有害物質も生まれません。

腸から吸収された栄養素もしっかりとお肌にいきわたります。
腸内環境を整えることで手に入れた「内側からの美肌」は、見た目の若さにも、健康にもつながります。つまり、腸内環境を整えることが、ターンオーバーのサイクルを整え、アンチエイジングに直結するということですね。

腸年齢は肌年齢!?

肌年齢とは、実際の年齢と関係なく肌の傷み具合などの状態で表す年齢ですが、実は腸にも「腸年齢」があるのをご存知ですか?

腸年齢は、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスから知ることができます。
一般に、高齢になるほど腸内の悪玉菌が増えていく傾向にありますが、腸年齢を若く保ち、加齢による悪玉菌の増加を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

悪玉菌の増加を防ぐには

そのためには「善玉菌を摂取」すればいいのです。
腸内で善玉菌の役割をする細菌、その代表格に「乳酸菌」があります。乳酸菌は腸内で乳酸を作り出すことによって腸内の環境を酸性に変えます。

酸性に傾いた腸内では、悪玉菌の増殖が抑えられます。
ですから、乳酸菌は腸内環境を整えて健康な体を維持し、老化を防ぐはたらきをするということになります。つまり乳酸菌には、肌年齢も腸年齢も若く保つ、アンチエイジングの効果があるということですね。
老化を食い止めるということは、腸年齢を若く保ち、腸を老化させないこと。
そのためには腸内環境を整えることが重要であり、
それには善玉菌の働きをする「乳酸菌」の摂取が最も効果的なのです。

 

>>直腸性便秘の適切な解消術

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら