ヤクルト400の乳酸菌シロタ株は花粉症予防にgood

[最終更新日]2015.05.02

ヤクルトを一度は飲んだことのある!
という人は多いと思います。飲んだことはなくても、ヤクルトという名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?そんなヤクルト400に含まれている乳酸菌は、シロタ株というものです。

シロタ株は花粉症の対策に効果的であるとして花粉症に悩む人に注目されている乳酸菌なのです。

シロタ株の発見の経緯

ヤクルトの創始者である代田稔博士が、チフスなどの感染症のために死んでしまう子供を助けたい!という願いから乳酸菌の研究を進めました。代田博士が1930年に発見された乳酸菌がシロタ株なのです。
元々感染病の予防のために作られたシロタ菌が、インフルエンザや花粉症などに効果を発揮するということは驚くことではないといえるかもしれません。

シロタ株が花粉症に効果がある理由

 

ビフィズス菌を増やす作用

1つ目にシロタ株はビフィズス菌を増やすということが分かっています。ある実験ではシロタ株を継続的に摂取することで善玉菌であるビフィズス菌が3倍に増え、悪玉菌である大腸菌が5分の一まで減ったという結果も出ています。

特に注目したいのがビフィズス菌は、酢酸という善玉菌を生み出すということです。この酢酸が悪玉菌の増殖を防ぎます。そのために腸内の環境が良くなり免疫機能が正常に働きやすくなるために花粉症に効果を発揮するのです。食い止めます。

免疫細胞のバランスを整える

2つ目にアレルギーが起こる原因と関係があります。花粉症などのアレルギーは小腸の免疫バランスが乱れることによって、アレルギーを引き起こす原因物質であるアレルゲンに反応してしまうのです。これが花粉症の症状を起こします。

シロタ株は免疫細胞であるTh1細胞とTh2細胞のバランスを調整します。二つの免疫細胞のバランスが良くなることで、花粉症などのアレルギー症状低減を期待することができるのです。

理想的な摂取の仕方

ヤクルトに含まれているシロタ株が花粉症に効果があるのは分かっていますが、適正に摂取しなければその効果を最大に実感することができなくなってしまいます。では、ヤクルトの効果的な摂取の仕方はどのようなものでしょうか?

ヤクルト400は、1本に乳酸菌シロタ株が400億以上入っているものです。そのために1一1本で十分です。花粉症の改善のための飲み方のポイントとしては、 生きて腸まで乳酸菌シロタ株を届けることです。乳酸菌は胃酸などに非常に弱いために、胃酸が薄まっている食後30分以内に飲むことがおすすめです。

下記ページでは「乳酸菌シロタ株」の効能をより詳しく解説していますので、乳酸菌シロタ株が自分に必要かどうかわからない方はぜひご覧ください。
乳酸菌シロタ株の効果・効能

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら