皮膚に湿疹が・・・これってアレルギー?

[最終更新日]2015.03.27

皮膚に突然湿疹ができたら、それはアレルギー反応かもしれません。
湿疹はかゆみを伴います。かゆみは、かけばかくほどかゆくなるので、仕事や作業にも集中できなくなりますよね。もしそれがアレルギー反応なら、その原因となる物質が分かれば自分で防御することができます。皮膚に湿疹ができる原因とアレルギーとの関連性についてまとめています。

皮膚にできる湿疹の原因

皮膚にできる湿疹の原因は、外的要因によるものと内的要因によるものに分けられます。

外的要因

皮膚に接触するものに反応して起こす湿疹です。代表的なものに、ハウスダスト、花粉、ダニ、紫外線、化粧品などがあります。

内的要因

アレルギー体質や、乾燥肌、発汗異常など、体内に要因があり湿疹を起こす場合のことです。

 

ただし、アトピー性皮膚炎のように、アレルギー体質という内的要因があって、ハウスダストなどの外的要因に誘発されて湿疹が起こる場合もあります。

湿疹とかぶれ

湿疹とは、皮膚に炎症を起こした状態のことを言います。かぶれは湿疹の一種です。かぶれは原因となる特定の物質が肌に触れることによって炎症が起こるもので、「接触皮膚炎」と呼ばれています。

アレルギーとは

私たちの身体には、免疫機能というものが備わっています。これは細菌やウイルスなどの有害なものが外から体内に侵入してきたときにいち速く反応して、有害なものを撃退するシステムのことです。アレルギー反応は、この免疫機能が、通常は人体に無害なものやごく微量の異物に対して過剰に反応してしまうことで起こります。

湿疹はアレルギー反応?

アレルギー体質の人とは、特定のもの対して免疫機能が過剰に反応し湿疹やかゆみの症状を起こす人のことです。アレルギー体質の人は自分がアレルギーを起こす原因となるものを知っていれば、対処することができます。医療機関ではさまざまな検査をして発症原因を特定することが可能です。

また、アレルギー体質ではない人でも、皮膚のバリア機能が下がっていると少量の異物に反応して湿疹やかゆみが起こることがあります。

アレルギー対策

アレルギーの発症原因が分かれば、それに近づかなければ良いということになります。

しかし、アレルギー反応を起こす物質の中には、接触してから1日以上時間がたってから症状が現れるものもあり、皮膚科で調べても原因が特定できない場合があります。また、原因が分かってもそれを普段の生活から完全に除外することが困難な場合があります。

そのような場合には、主にアレルギーによる症状を軽減させるための治療が行われます。これは湿疹やかゆみを押させるための処置であり、根本的なアレルギー体質を治療するものではありません。

アレルギー対策には乳酸菌が有効

さまざまな健康効果が報告されている乳酸菌ですが、アレルギーにも効果があることが分かっています。乳酸菌などの善玉菌が腸内に増えることによって、免疫機能が正常化し、アレルギー反応が緩和されるというものです。最近ではアトピー性皮膚炎の体質改善にも効果があるとして注目されています。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら