皮膚炎のかゆみの原因と改善方法

[最終更新日]2015.05.02

皮膚炎やかぶれなどでかゆみがあると、ついかきむしってしまって、皮膚を傷つけることが良くあります。かゆみはかけばかくほど、かゆくなるものなのです。そんな皮膚炎のかゆみの原因はいくつか考えられます。かゆみの原因と改善方法についてまとめました。

皮膚炎のかゆみの原因

かゆみを起こす原因はいくつか考えられます。原因を知っていれば改善方法も見えてきますので、自分のかゆみの原因を知ることは大切です。

1.植物

長芋やサトイモを触った後は、手がかゆくなることがあります。これは、植物に含まれる成分がアレルギーの原因になっているケースです。

どの植物に対してアレルギー反応が起こるかわかっていれば、その植物に触れなければ、かゆみは起こりません。ただし、敏感な人はその近くを通っただけでもかゆみを覚える人もいます。

アレルギーを起こす人が多い植物としては、ウルシ、スギ、キクなどが代表的ですが他にもたくさんあります。

2.金属、化粧品

装飾品などの金属や、化粧品・薬・生活用品などにアレルギーを起こす場合があります。今まで平気だったのに、ある日突然アレルギーが始まることもあります。

3.虫

蚊に刺されるとかゆみを生じます。蚊の他にもかゆみや皮膚炎の原因になる虫はいます。代表的なものはハチ、クモ、アブ、ノミ、ダニなどです。深刻な場合には皮膚炎だけでなくショック状態を引き起こすこともあります。

4.食品

ある一定の食品に対してアレルギーがあり、皮膚炎やかゆみを起こす場合があります。良く知られるのは魚介類や卵、野菜などです。これらの食品には、かゆみを起こす原因物質ヒスタミンなどが含まれているためです。

皮膚炎のかゆみの改善方法

我慢できないようなかゆみは、皮膚科で一度診察してもらうほうが良いでしょう。血液検査でアレルギーを調べることもできます。皮膚が炎症を起こしている場合には、皮膚科に行くと必要に応じて、ステロイド外用薬が処方されます。かゆみに対しては抗ヒスタミン薬などを併用することもあります。

かゆみに対するセルフケアとしては以下のような改善方法があります。

1.衣類を清潔に保つ

身に付けるものはいつも清潔なものにします。汗がかゆみの原因になることもありますので、汗をかいたらシャワーを浴びたり、こまめに着替えたりします。

2.刺激の少ない衣服を選ぶ

通気性・吸湿性の良い素材を選んで身に付けましょう。特に肌に直接触れる衣服は、木綿などの肌触りが良いものを選び、ごわごわしたものや縫い目が目立つものは避けます。同様にシーツやまくらカバーにも気を付けましょう。

3.保湿ケア

肌の乾燥からかゆみが起こります。肌の保湿ケアをきちんと行います。入浴時は熱すぎるお湯だと乾燥を招きますので、少しぬるめのお湯につかるようにします。

4、食生活の見直し

香辛料を使ったものや辛い食べ物、アルコールなどは、皮膚にほてり感をもたらし、かゆみを悪化させることがあります。また、乳酸菌や食物繊維を積極的に摂り、腸内環境を整えることで、アレルギー反応を改善できることが報告されています。

腸内環境を整える食生活はこちらの記事を
善玉菌を増やす食生活

5.爪の手入れ

皮膚をかいた時に肌を傷つけないように、爪をこまめにお手入れしましょう。

6.ストレスをためない

ストレスがかゆみを誘発することがあります。ストレスをためないような生活習慣を身に付けるように心がけましょう。

まとめ

皮膚炎のかゆみで悩んでいる人は、その生活習慣や食習慣を見直してみてはどうでしょうか。少し気を付けるだけで、かゆみが改善されるかもしれません。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら