ビオフェルミンSは花粉症に効果あり?

[最終更新日]2015.05.02

花粉症にはヨーグルトが効果ありという説は、皆さんご存知ですよね。
ビオフェルミンSを継続して飲み続けると、花粉症の症状が軽くなったという方がいます。家庭の常備薬の整腸剤ビオフェルミンSがなぜ、花粉症に効果ありなのでしょうか?

今回は、ビオフェルミンSが花粉症に効果があるのか、あるなら、どのように効果的に使用するのかなどを解説していきます。


ビオフェルミンSの花粉症に対する効果とは?

ビオフェルミンSが、花粉症に良い効果を与えるものとして最近注目されています。
ビオフェルミンSの主成分の乳酸菌に、高い整腸効果があり、その整腸作用によって免疫力が向上し、花粉症を緩和させることができる、ということになります。

症状が出てから服用するよりも、日頃から継続的に服用することで効果が得られるのです。

ビオフェルミンSのメリット

ビオフェルミンSは、薬局やドラッグストアで手軽に購入することができます。
薬ではなく医薬部外品なので、体への負担がありません。つまり副作用はほぼありません。

ビオフェルミンSは、もともと人の腸にすむ乳酸菌を製剤化したものなので、安全性が高いです。なので、妊娠中の方や授乳中の方にも安心してお使いいただけます。細粒タイプも販売されているので、生後3ヶ月から使用することもできます。

ビオフェルミンSにはどんな乳酸菌が入っているのか?

ビオフェルミンSの最大の売りは、乳酸菌の中でも最も整腸作用のある成分3つが配合されています。それは、ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌です。どれも腸内の悪玉菌の減少を促し腸内を浄化させるので、花粉症に対する免疫力をアップさせることができます。

ビオフェルミンSをどのように摂取すればよいのか?

箱内の説明書にも記載されていますが、1日3回粒づつ飲みましょう。
一度に大量に飲むと、下痢を起こすことがあるそうなので、要領を守って継続することが大切です。医薬品ではないので安心ではありますが即効性はあまりありません。

ビオフェルミンSは万能な医薬部外品

整腸作用はもちろんのこと、花粉症の症状緩和、便秘や下痢の改善、便秘が治ったことにより皮膚病の治癒が期待できるなど、1つで万能な存在と言えるでしょう。

花粉症予防に今から飲み始めることをオススメします。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら