ビフィズス菌の働きは花粉症の改善にも有効

[最終更新日]2015.05.02

昔から「健康の源」と言われていた腸。
最近では第2の脳とも言われているくらい、とても重要な役割を担います。

腸を常に正常な状態に整えることが、花粉症予防の秘訣とも言えます。腸内環境を整えるだけでなく、花粉症改善にも有効であるビフィズス菌の働きについて詳しく解説していきます。

ビフィズス菌とは?

数ある乳酸菌の中でも腸内への定着性に優れた菌であり、人の腸内に最も多くすんでいる有効な菌です。
ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑える働きをします。ですから、腸内で栄養成分が効率よく吸収することができるのです。

生後3~4日からビフィズス菌は腸内に増殖し始めます。
ですが、年をとるにつれ腸内のビフィズス菌が減少し悪玉菌が多くなってしまいます。さらには、ストレスや二日酔いはビフィズス菌を減らす要因となってしまうので、気をつけましょう。

ビフィズス菌の花粉症に対する効果、効能

ビフィズス菌は、乳酸や酢酸と言った有機酸を生成します。
酢酸は食事やそのままでも摂取できますが、ほとんどが消化の途中で消化されてしまうため、腸まで届くことが難しいのです。

ビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、腸内で善玉菌を増殖させます。そのことにより免疫の活性化、調整をする作用に繋がるため、花粉症の予防や改善に有効であると言えるのです。

その他の効能につきましては下記ページをご覧ください。
ビフィズス菌の効果・効能

ビフィズス菌を腸内で増やすためにはどうしたら良いのか?

腸内のビフィズス菌を増やすには、ヨーグルト、サプリメント、発酵食品などを積極的に摂取することが望ましいです。また、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を一緒に摂取すると、なお効果が期待できます。

例えば、オリゴ糖成分が豊富なバナナとヨーグルトを一緒に食べると、より効果的です。

すべてのヨーグルトにビフィズス菌が配合されているのか?

ヨーグルトは、牛乳を乳酸菌で発酵させたものです。
乳酸菌=ビフィズス菌ではないので、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が配合されているわけではありません。一部のヨーグルトに配合されているので、配合成分をチェックしてから購入すると良いですよ。

日頃の生活スタイル見直しも大切

どんなにビフィズス菌入りの食品を摂取しても不規則な生活をしていたら、腸内のビフィズス菌の増加にも悪影響を及ぼします。

健康を保てるのは腸内の免疫システムの力であるといっても過言ではありませんので、腸内のビフィズス菌を効率よく増やすためにも規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら