あせも(汗疹)にサヨナラ!乳酸菌サプリで腸から変える健康習慣って?

[最終更新日]2017.11.09

「かゆい!」

汗をたくさんかいた後、そう思って腕や足を見てみると、ところどころに出ている赤いぶつぶつ。みなさんも1度は経験したことがあると思います。

これは一般に「あせも(汗疹)」と呼ばれます。
そんなあせもは、アレルギー性のアトピーとも症状が似ているため、あせも=アトピーなんて考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、よく間違えられやすいあせもの原因と、対策法について知っていきましょう。

あせも(汗疹)ってそもそも何なの?

毎日遊びまわり、部活動に熱心になっていた子供の頃。
汗びっしょりでお家に帰ると、母親に『あせもが出るから早めにお風呂にはいりなさい!』なんて叱られたことは、みなさんも一度は通った道のはず。

しかしそれは、母親のやさしさが影に隠れていたんです。

あせものメカニズム

そもそも汗は、皮膚の奥深くにある汗腺から分泌され、汗管(かんかん)と呼ばれる管を通って、みなさんの皮膚の表面に排出されます。

しかし、大量に汗をかくと汗管から漏れ出してしまい、皮膚の中で溜まってしまうんです。

あせもは、その溜まった汗が肌表面に長時間溜まると、そこに表皮ブドウ菌が増殖し、それに炎症反応を起こしてあせもが起こります。

その程度によって、水晶様汗疹、紅色汗疹、深在性汗疹の3つに分類できるんですよ。

あせもとアトピーは別物 アレルギーとの関係性

あせもと似た症状が出るものとしてアトピー性皮膚炎があります。

どちらも赤いぶつぶつが出てかゆみを伴いますので、見分けるのが難しくあせも=アトピーなんてとらえがちです。

しかし、あせもは発汗によって汗が皮膚内に漏れることで発症するのもの。

決してアレルギー反応ではありません。
アトピー性皮膚炎の場合は左右対称に症状が出ることが多いので、それで見分けることもできますよ。

あせも(汗疹)を予防するなら生活習慣から!

そんなあせもは、毎年できる人もいるほど身近なものなんです。

そんな人は生活習慣に問題があって、あせもが出来やすい環境を作っている可能性があります。もしかしたらあせもは、あなたのすぐ後ろで現れるのを、今か今かと待っているかもしれませんよ。

あせもを予防するためにも、生活習慣の見直しを行っていきましょう。

清潔第一!肌はキレイに保つようにしましょう

極端な話ですが、汗っかきなのにお風呂はシャワーで汗を流すだけ、なんて生活を送っている人に限ってあせもはその顔を見せてきます。

しかも汗臭いにおいって、あんまりいい印象を与えることはありませんよね。

つまりあせもを予防するには、肌を清潔にすることが超重要!
汗をかいたらこまめにふき取ったり、シャワーを浴びたりして、汗をそのまま放置しないようにしましょう。

清潔感は、異性にも好印象を与えることができますよ。

高温多湿はNG 家をアマゾンのようにしないで!

高温多湿の日本で生活する私たちって、実はあせもにとって優良物件なんです。特にじめじめした環境で汗をかいて生活する人に、あせもは牙をむきますよ。

あせもができやすい人は、エアコンや除湿器を利用するようにして、なるべく高温多湿の環境をさけましょう。

おしゃれにも一工夫!通気性のいい服であせも対策を

肌に直接触れる服は天然素材などの肌に優しいものを選び、通気性を考慮した服装を心がけましょう。

また、汗をかいた時にはこまめに着替えるようにすると、あせもを簡単に抑えることができますよ。汗っかきの方は注意してみてくださいね。

あせも(汗疹)と便秘って関係あるの?

あせもは皮膚の中に汗がたまり炎症を起こしている状態。でも実は、便秘があせもを悪化させることがあるんです!意外でしたか?

実は密接に関わっている腸内事情とあせも

便秘になると悪玉菌が増え、腸で有害物質が作られます。
この有害物質は腸壁から血液中に吸収され、一部は汗として排泄されるんです。

しかし、汗が皮膚の中に溜まった状態になると、有害物質は皮膚を刺激して炎症を起こしやすくすします。

そのため、あせもになりやすい人は、便秘をしないように気を付けることで、あせもが悪化するのを防ぐことができるんですよ。

腸内環境を変えるのもあせも対策に必要なんです

このような理由から、汗疹対策と同時に便秘対策を行うことがオススメなんです。

腸内の悪玉菌増殖を抑え、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を繁殖させることによって、腸内環境を善玉菌優位の状態に保つことも、実はあせも対策につながります。

また、腸内で悪玉菌が起こす腐敗は、体臭や口臭の原因にもつながるんです。

汗疹対策をするために腸内環境を良くするだけで、カラダの内側からきれいになることができますよ。是非一度試してみませんか?

腸の環境を変えるためにも乳酸菌サプリを試してみて!

腸内環境を整えるためにも、食生活の改善や運動をすることも大切な事ですが、もっと気軽に、かつ直接的に腸の環境を整えるためには、『乳酸菌サプリ』がオススメです。

乳酸菌サプリの魅力

実はビフィズス菌をはじめとした乳酸菌は、胃酸や腸液に弱いため生きたまま腸に届くことはかなり難しいんです。

そのため、いくらヨーグルトを毎日摂り続けていても、腸の乳酸菌の数を直接増やすことってなかなかできません。

しかし、乳酸菌サプリは胃酸などに強い乳酸菌を使ったり、独自開発のカプセルで包み込んだりすることによって、腸へ生きた乳酸菌を届けることができます。

しかも、錠剤や顆粒タイプと様々あり、持ち運びも簡単です。あせも対策だけではなく、腸内環境を整えて健康な体を作るためにも、乳酸菌サプリを試してみませんか?

乳酸菌サプリを選ぶときに注意することとは

ただ、そんな乳酸菌サプリも、『このサプリは安心です!オススメ!』なんてキャッチコピーを信用して購入しても意味はありません。

乳酸菌サプリを選ぶときは、

  • 菌の種類と量に注目すること
  • 乳酸菌の力を高める栄養成分も配合されているか
  • コストパフォーマンス

の3つは最低でも注意するようにしましょう。
特に私のオススメなサプリを紹介しているので、コチラ(http://kin-rank.com/rank-kinpawa/)を参考にしてみてください。

まとめ

子供から大人まで、幅広い層のかゆみの原因となる『あせも(汗疹)』

あせもはその名の通り、汗のかきすぎが原因ということがわかりました。だからといって汗をかくことがよくないわけではありません。

汗はみなさんの体温調節を行うために出るものですし、汗をかいてストレスを解消することもできます。

あせもがない生活のためには、まず自分の生活習慣を見直すこと、そして乳酸菌サプリを摂ることから始めていきましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら