動物アレルギーって治せる?まず疑ってみるべきは腸

[最終更新日]2015.03.27

犬や猫をはじめ、ペットを飼う人が多くなりました。
ところが、ペットを飼い始めて、初めて自分の動物アレルギーに気付く人もいます。ペットをかわいがっているのに、動物アレルギーだなんてショックですよね。でも動物アレルギーは生活習慣を見直すことで、改善することもできるのです。動物アレルギーと腸内環境の関係をまとめてみました。

動物アレルギーの症状

動物アレルギーは主に動物の体毛やフケ、唾液、尿がアレルゲンとなっておこるアレルギー反応のことです。その症状は目のかゆみ、鼻水、くしゃみなどの軽いものから、じんましん、呼吸困難、あるいは意識が低下するアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

家庭でできる動物アレルギー対策

動物アレルギーだとわかった場合、その動物に近づかなければアレルギーは起こりません。しかし、部屋でペットを飼っている場合は、かわいいペットを手放すのはつらいものです。ペットを飼いながら動物アレルギーの症状を軽減する方法として以下のようなことが考えられます。

ペットを清潔に保つ

ペットの体毛やフケが原因でアレルギーを起こすことがあります。ペットは1週間か2週間に1度シャンプーするなどして清潔に保ちます。

部屋をこまめに掃除する

ペットの毛はカーペットやソファにも付着します。部屋をこまめに掃除しましょう。

動物アレルギーは免疫機能の異常

私たちのまわりにはいろんな細菌が存在しています。その中には腸内細菌などの私たちの身体に必要なものから、病原細菌やウイルス、がん細胞など身体にとって有害なものまであります。

免疫とは、安全なものと有害なものを区別し、有害なものを攻撃して体外へ排除するシステムのことです。この免疫力が低下すると、風邪などの感染症にかかったりします。また、何らかの原因で、免疫システムに異常が起こると、本来は有害ではない物質に対しても過剰に反応してアレルギー症状を起こします。

なぜ免疫バランスの異常が起こるのかは、食生活の乱れやストレスの増加などが原因とされています。

しかし、免疫体系の大部分を担う腸の環境を良くすることで、免疫機能を正常なものに整え、アレルギー症状を軽減できると言われています。

ですから、動物アレルギーに関しても、腸を元気にし、免疫システムを整えることで症状を緩和することができるのです。動物アレルギーとわかったら、生活習慣を見直してみましょう。食生活を肉中心から野菜中心へとシフトし、食物繊維や乳酸菌などの腸内環境を整えてくれる食品を積極的に摂取します。

かわいいペットと楽しく暮らすためにも、生活習慣を見直し、免疫力の高い体質改善を心がけてみましょう。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら