乳酸菌が原因でアトピー悪化につながる!?ただ摂るだけじゃダメ!

[最終更新日]2017.11.08

「アトピーを治すのにはコレ!」

という話を耳にして、『やっとこれでアトピー性皮膚炎が改善できるかも!』そう思ったのにも関わらず、逆に「悪化してしまった」という話は聞いたことがありますか?

アトピー性皮膚炎の改善法は、民間療法含め様々な方法があります。
改善した方の体験談を聞いたりすると、つい「これなら改善するのでは?」と期待してしまいますよね。悩む期間が長いほど、藁にもすがるきもちでいろいろ試したくなってしまうものです。

しかしまずは、専門医に相談するのが第一ですね。もし自分で何かを試してみるときには、細心の注意が必要です。

乳酸菌はアトピー改善の救世主なの?

最近、乳酸菌の効果が知られるようになり、美肌効果のあるとされるLB81乳酸菌、アトピー性皮膚炎の改善に効果があるとされるL-92乳酸菌など、様々な乳酸菌が話題になっていますね。

確かに、実際の研究結果で効果があるという結果は出ています。
でも、どんなものにもやはり「合う・合わない」はあるのです。誰かに絶大な効果があったものにも自分には合わない、または自分には効果があったけど、他の人にはそうでもなかったということは必ず起こりうるのです。

あなたの腸と私の腸は同じ?乳酸菌の相性って一体・・・

人間の内臓は誰でも共通で同じものを持っているので、何をしても同じ結果が出るように思えてしまいますが、食生活や生活習慣も様々ですし、それぞれに抱える事情が異なります。

そのため、たとえば「腸」であれば、その中に存在する腸内細菌の内訳が異なるということもあるのですね。もともと腸内に存在していた菌(常在菌)であれば、食べ物やサプリメントで摂取したときに定着しやすいとも言われることからも、常在菌が異なれば、効果の出る乳酸菌も人それぞれということになります。

乳酸菌といえばヨーグルトだけ?

便秘にはヨーグルト!ヨーグルトといえば乳酸菌!
そのようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?例えば「乳酸菌が便秘にいいと聞いて毎日食べる」ことを試してみて、効果のあった人となかった人が出てきたとします。

なぜ異なる結果が出たのかと言えば、腸内細菌はひとそれぞれですから、その効果の出方も人それぞれ、つまり乳酸菌が自分の腸に合わなかったということなんですね。また、同じヨーグルトでも含まれている乳酸菌の種類も異なりますし、選んだもの・その時の体調などでも得られる結果はことなるというわけなんですね。

腸内環境を整えるのに必要なヨーグルト摂取量は1日に200グラムともいわれ、継続することが求められます。
それを毎日摂取しつづけると、加糖ヨーグルトですと砂糖の摂りすぎ、また、もしアレルギーのなかった人でも過剰な摂取によって、アレルギーが発症してしまうということにもなりかねません。

せっかく美肌を手に入れようとしたり、アトピー性皮膚炎を改善させようとして摂取した乳酸菌が、他の成分によって逆効果になることもあるのです。つまり1つの食品やサプリメントにこだわらず、様子を見ながら自分に合う乳酸菌を探してみることが大切なのですね。

効果はいつ出るの?アトピー改善のためには毎日摂ることが大事?

腸内細菌のバランスが整うには時間がかかるものです。
ある乳酸菌の摂取を始めてから効果が出始めるのには2~3週間、長い場合ですと2~3か月かかるという話もあります。合うか合わないかは、実際に摂取してみないと分からないものです。

もし自分の求めるような結果が出なかったとしても、乳酸菌は腸内に悪い働きをするものではありませんので、症状が軽くなる乳酸菌を探しながら、長期計画でいろいろ試してみることをおすすめします。

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら