ラブレがアトピーに良い理由。

[最終更新日]2015.05.02

「ラブレ菌」という乳酸菌、ご存知の方も多いと思います。
そのままズバリのネーミングの「KAGOME 植物性乳酸菌ラブレ」という乳酸菌飲料もよく知られていますよね。

ところで「植物性乳酸菌」とは、一体なんでしょうか?
少しお話させてくださいね。乳酸菌は大きく分けると「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」に分けられます。動物性乳酸菌は牛乳などに含まれ、植物性乳酸菌はは植物由来の乳酸菌です。

植物性乳酸菌は、漬物やみそなどにも含まれるように、高濃度の塩分の中や栄養バランスが悪いところでも生息できます。ですから、植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも生命力が高く、「生きて腸まで届く」プロバイオティクス効果があるといわれるのですね。

ラブレ菌の由来

ラブレ菌は「すぐき漬け」というカブの漬物から発見された乳酸菌です。
最近の日本人の食生活は欧米化していますが、そうなるずっと前から日本人に親しまれてきた漬物。日本人の腸と相性がいいのですね。

昔はアトピーや花粉症などのアレルギー疾患が今より少なかったことからも、日本人が昔から摂り入れてきた和食に、アレルギー改善のためのカギがあると考えられています。

ラブレ菌は生きて腸まで届くことで、腸内で悪玉菌の増殖を抑えて、便通を整えます。
またラブレ菌が腸内のリンパ球を刺激することで、抗がん作用や抗ウィルス作用のあるインターフェロンを活性化します。そのため、ラブレ菌は免疫力アップ効果もあるといわれています。

アトピー性皮膚炎と腸

最近、大人も子供もアトピー性皮膚炎に悩まされる人が増えてきています。
その要因はいくつかありますが、共通する説に「アトピー性皮膚炎の人は便秘がちである」というものがあります。
便秘がちな人は腸内環境が悪化しています。

腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増えることで免疫機能が低下したり、たまった老廃物から有毒物質が生まれることで、全身にまわった毒素が肌の調子を悪くするのですね。アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患でもありますから、過剰な免疫反応であるアレルギーともかかわりがあります。

このように、腸内環境の面からもアレルギーの面からも、アトピー性皮膚炎と便秘は密接なかかわりがあるといわれるのですね。

どう増やす?善玉菌?

アトピー性皮膚炎には食事制限のある方も多く、特定の食品を摂らないようにしている方もいらっしゃいます。しかし、腸内環境を整えるにはバランスの良い食事が大切だといわれていますよね。では、アトピー性皮膚炎の方が悪玉菌を減らして便秘を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

それには、腸内に「善玉菌」を摂り入れてあげることが重要になってきます。
善玉菌といえば、代表格として乳酸菌が挙げられますが、特にその中の「ラブレ菌」は、腸内環境を整え免疫力をアップする効果も明らかになっていて、アトピー性皮膚炎の症状緩和に効果的といわれています。

「ラブレ菌」の入っている商品にはサプリメントもあり、食事制限のある方でも取り入れることができます。
カプセルタイプですから味の好みにも左右されませんし、持ち運びにも便利で、毎日の習慣にしやすいですよね。「低カロリーで嬉しい」「便通がスムーズになった」という口コミも多く見られます。

ラブレ菌は、特に日本人にあっているという乳酸菌ですから、即効性は期待せずに、長期的に見てよい変化がみられるか試してみるといいですね。

乳酸菌ラブレのその他の効能に関しては下記ページをご覧ください。
乳酸菌ラブレの効果・効能

 

 

 

腸内環境の改善は乳酸菌サプリが一番効率的

 

腸内環境を整える食事やヨーグルト、ヤクルトなんかと比べても乳酸菌サプリがコスパ最強。

主婦の方から、サラリーマンの方まで幅広く支持されている乳酸菌サプリを厳選、ランキング化しました。ハズさないランキングとなっています。

>>乳酸菌サプリランキングはこちら